押し入れから出てきた年代不明の品々

 

道具の収納をしやすくする為に、会場で整理をしていた時のこと。
現在のメンバーでも目にしたことのなかった年代物の品々が出てきました。

「幟」

案内幟
案内幟

左の赤の無地の幟は、先代の幟。
この幟は、僕が小学生の頃にも使われていた物で十数年前までは使われていました。

そして、右側は今回出てきた幟。
先代のよりも大きく刺繍入り、しかも重い!
まさか先代よりも、派手目な幟だとは思いもしなかったので驚きました。

写真では伝わりづらいと思いますが、これらの幟は竹を通して設置すると家の1階部分は超える大きさになります。

幟文化については、以前のブログでご紹介しましたので、よければこちらをご覧ください。

『幟(のぼり)文化 Part.2』
http://sanuki-shishimai.info/blog/2016/08/26/%E5%B9%9F%EF%BC%88%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A%EF%BC%89%E6%96%87%E5%8C%96-part-2/

 

「太鼓ぶちの着物」

太鼓ぶち(着物)
太鼓ぶち(着物)

この着物は、上の年代の方にも聞いてみましたがわからないということでした。
太鼓ぶちの着物は、女性が着る着物のように綺麗な柄の入った着物のイメージが強かったですが、過去には渋めの着物の時代があったんだと歴史を感じました。

少し気になるのは、お隣りの多度津町南鴨の加茂神社で行われる秋祭りで、着物を着た小学生が鉦を叩いているのですが、その小学生の格好と似ているなと思ったことです。

葛原と南鴨とでは、祭りの文化を見るとあまり繋がりはなさそうにも思えるのでたまたまかもしれませんが。

 

「油単」

油単(年代不明)
油単(年代不明)

とても小さい!!
その小ささには大変驚いたぐらいです。

昔は、今のような武者絵などの派手目なものではなく、このような柄の油単が多く使われていたそうです。
僕が生まれる前に父親が撮影した祭りの写真に写っていたのは、確かにこのような油単の柄が多かったと思います。
上の年代の方からすると、この小さな油単から僕達が慣れ親しんでいる油単に変わった時は、とても大きくなったと感じたそうで
そこは世代間ギャップなのかなと思ったりもしました(笑)

今は使われなくなった道具達ですが、こうして目にすると先代の人達が繋げてきて今があるのだなと改めて実感します。

その時代時代で、周りの環境は変わっていくと思いますので、どの世代でも時代に合わして変えていった部分もあると思います。
それでも、先代達が積み上げてきたものや守ってきたものは、崩さないように守っていくことも大事なのかなと思います。

古くから残る文化を長く守ってきたものほど、壊れるのは簡単だといいます。

何を大切にして、何を変えていくのか間違えないように、歴史や文化を知ることも必要なのかなと感じた今回の出来事でした。

 

 

写真展の開催 [ 神社での写真展 ]

管理人自身の宣伝にはなりますが、告知させて頂きます。

管理人が写真活動をしている写真展を、地元の葛原正八幡神社で開催することになりました。

【 お知らせ 】

「写真房 葛」写真展の開催

葛原正八幡神社
葛原正八幡神社

[ 開催場所 ]
葛原正八幡神社(香川県仲多度郡多度津町葛原)

[ 日程 ]
2017年5月14日(日)
[ 開催時間 ]
10:00~16:00

毎年、イベント等で写真を出展させて頂いていますが、単独の写真展としては4年ぶりの開催となります。

私達の地元でもある多度津町葛原の正八幡神社での開催は、総代や役員の方々、宮司のお力添えもあり開催することができました。

今回の写真展のテーマは、「お神楽」です。

「お神楽」は、香川県でも主に中西讃地域で多く行われている文化です。
秋祭りでは、五穀豊穣を願い神様を迎え入れ、お神楽では神様に楽しんでもらうため行われているともいわれています。

今回の写真展では、葛原正八幡神社、葛原大木地区の荒神宮、多度津町道福寺袖の荒神宮、そして、伊吹島で行われたお神楽にスポットを当てました。

展示は、拝殿から社務所へと続く通路を利用して展示する予定です。
写真展数としては20点ほどです。

当日は、11時から「出雲祭」という式典も行われています。

カメラマン2名は、カメラを持ってウロチョロとしていると思いますので、もしお越しの際に見かけた時はお気軽に声をかけてください

1日だけの写真展ですが、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

里帰りをした小さな獅子頭

 

以前のブログでも書いた、宮武の小振りな獅子頭を預かる前に、一度、善通寺市の職人さんの松下のおっちゃんのところへ持って行き、宮武の獅子頭か見てもらうことにしました。

見てもらうなか、おっちゃんの昔話で盛り上がり、おっちゃんもこの手の獅子頭を以前作っていたのか、気になったので聞いてみました

おっちゃん曰く、

「依頼があれば県や土産物屋に卸してたが、ワシのはそんなに出回ってないぞ」

ということでした。

あればぜひ欲しかったところですが、依頼をすればそこそこはするということ

お金がない

結局、宮武の獅子頭とわかって、その後預かることになったというのはブログで書いた通りです。

↓以前のブログ記事はこちら
小さな獅子頭を通して感じる歴史

 

その続きがありまして、、、

なんと、そのおっちゃんの小振りの獅子がうちにやってまいりました(笑)

 

松下の獅子頭
松下の獅子頭

 

ほんと運がよかったというか偶然というか、結果的にうちに来たことになったのですが、うちにやってきたおっちゃんの獅子頭の出処は横浜市。

まさかの関東へお嫁に行ってたみたいで、それが功を奏したのか保存状態もとてもよく、月日が経った髪の毛の変色以外は本当に綺麗でした。

里帰りを果たした獅子頭をおっちゃんに見せねばと持って行ったのですが、おっちゃんも思い出したようで、どうやら昭和時代に製作した作品だそうです。

どこへ卸してたのかも判明したのですが、残念ながらそのお店は今は閉店をしていました。
当時卸してたところは、県外の方が多く訪れる場所だったらしく、依頼があればその店へ卸してたそうです。

「そこで買った客がいて、それで県外へ行ってたのかもしれんの」

とおっちゃんが言ってたように、おそらくそのような経緯で海を渡ったのだと思います。

何かこの獅子頭の歴史に少し触れられたような気がしました

帰り際に、

「買い取るぞ?」

と、笑顔で言われましたが、丁重にお断りさせて頂きました(笑)

 

松下と宮武の獅子頭
宮武と松下の獅子頭

 

宮武、松下の獅子頭を目の前にして思うこと、、、

あと、先代が制作した丸岡があれば完璧なんだけどなぁ~~

と、思いましたが、欲を出してたら来ることはないと思うので、ここは物欲を出さないことにします(笑)

 

両方とも、思ってもみなかった経緯で来た獅子頭ですし、大事にしていかないといけないですよね

 

おっちゃんの獅子頭、香川県へお帰りなさい