今と違っていた昔の花笠

 

丸山八幡宮 秋季大祭

 

善通寺市の丸山八幡宮で行われた秋季大祭の様子です。

太鼓打ちは、綺麗な花笠を頭に乗せて一生懸命に太鼓を叩いていました

葛原では、太鼓打ちは鉢巻ですので、このような花笠はあまり馴染みがない物ですが、香川県全体で見ると花笠は広く使われています。

花笠は、造花や小物を使って作られています。
職人さんの手によって作られた物もあれば、地域によって手作りで作ってあったりと様々です。

綺麗な造花で作られた花笠は目を引きますが
一昔前も同じような花笠だったのか、、、

 

昔の花笠で使われていた花

 

違っていました。

上の画像は、一昔前に花笠を作る時に使われてた物で
布や糸、針金等を使って花に似せて手作りで作ってたそうです。

松下のおっちゃんの工房で、これを見せてもらったのですが
当時は、今のような造花はなかったそうで
全て手作りで花笠作りをしてたとういうことです。

花笠でも、このような歴史があったなんて驚きました。

ちなみに、葛原では花笠は馴染みがないと言っていましたが
大木獅子組も、いっとき花笠をかぶってた時代があったそうです。

僕が生まれるもっと前の話なので、
その当時の花笠はさすがに残っていないかな??

 

あれば見てみたかったです(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です