お祓いと獅子と神様

 

各地で、徐々に秋祭りが催されたと耳にするようになってきました。

来月に入れば、葛原の周辺地域でも鉦や太鼓の音色が聞こえてきますので
その頃には、葛原の秋祭りももうすぐなんだと実感していると思います

葛原の秋祭りでは、祭り1日目の宵祭りから始まります。
葛原4組の獅子組が、葛原正八幡神社の境内で1組ずつ舞っていきます。

ただ、獅子舞をする前に必ずすることがあります。

 

葛原正八幡神社 お祓い
葛原正八幡神社 お祓い

 

お祓いです。

太鼓打ちの頃に、聞かされていたお話しがあります。

お祓いを受けることで神様が宿り、初めて家を回ることができる。
太鼓打ちのあなた達も、神様が宿っているんやで。

と。

 

大木獅子組[ 家遣い ]
大木獅子組[ 家遣い ]

 

小さい頃のお話ですが、不思議とずっと覚えていて
お祓いを受けた獅子頭でないと、家を回ることができない。
というお話しを、上の方々からにもちょくちょく聞いたことがあります。

実際、お祓いを受けたあとお守りを受け取ります。
そのお守りを、獅子頭の頭に付けてから初めて境内で舞うことができます。

この獅子頭にお守りを付けるという風習は、香川県全域で見ると珍しい風習だそうです。

善通寺市の原田町にある春日神社の秋祭りでも、祭り1日目の獅子舞をする前に1組ずつお祓いを受けています。
春日神社では、お守りではなく御幣を付けるそうです。
そして三豊市にも、同じような風習のある地域があるそうです。

民俗学に携わっている水野一典さんのお話では、中讃地域では古風な形で祭りが行われている地域が比較的に多いとおっしゃられてました。
お祓いを受けて初めて獅子舞ができるというのも、その一つだそうです。

天気の悪い年は、太鼓打ちと獅子は濡れないようにとても気を使います。
移動する時も、鳴り物の道具以上に気を使います。

小さい頃は、獅子頭を触っただけでも怒られてました。
油単の付けた獅子を跨いで遊んでいても、とんでもなく怒られた記憶があります。

昔から続く風習が、自然と特別な物という意識へと結びついっていったのかもしれません。
今現役の僕達も、そのような意識を廃れさせないようにしないとと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です