油単の新調 – 香川県の獅子舞 –

 

「油単(ゆたん)」

見た目からすると、獅子の着物という表現の方がしっくりとするかもしれません。
香川県の獅子舞では油単は欠かせないものです。

 

山階本村獅子組
山階本村獅子組

 

武者絵から

 

葛原正八幡神社 西獅子組
葛原正八幡神社 西獅子組

 

虎や龍など、その油単の模様は様々。

地域によっては、渦模様の入ったものや唐草模様などもありますので、必ずしも絵柄が入っているというわけではありません。

その武者絵などの絵柄が入っている華やかな油単は、歴史的にはそう古くはなく、昭和時代に入って一気に広まったと言われています。
葛原でも、昔は布団地などで作られた油単だったそうです。

そのような歴史を持つ香川県の油単ですが、前回のブログでも書かせてもらった坂出市瀬居町のお祭りで、本浦若連中さんの獅子の油単が、今年初お披露目となりました。

今年はその油単で舞っている姿を見たくて、とても楽しみにしていた管理人です(笑)

 

本浦若連中 [ 坂出市瀬居町 ]
本浦若連中 [ 坂出市瀬居町 ]

前と後ろとで、絵柄の構図によって見え方が変わる油単。

 

本浦若連中 [ 坂出市瀬居町 ]
本浦若連中 [ 坂出市瀬居町 ]

 

なかなかこのような油単には出会ったことがないので、見た時はちょっと驚きました。
本浦若連中さんの獅子舞だからこそ合っている構図なんだろうと思います。

前と後ろの間隔は、地域の舞によって変わってきます。
大木獅子組が同じ油単で舞うとなると、その絵柄の構図を台無しにしちゃう結果になっていると思います。

う~ん、考えられている油単だ。

制作するまでの期間、絵師さんも試行錯誤しながら進めていったのは知っていたので、それが目の前に現れた時はどんな思いだったんだろうと考えてしまいます。
管理人自身も、油単制作への橋渡しになれたというのもあって、個人的に勝手ながら少し思いのあった油単です。
実際に見た時は、ちょっとしみじみとしちゃいました(笑)

今後、この油単は大切にされていくんだろうなぁ・・・。
ちょっと羨ましくも思っちゃいます(笑)

大木獅子組は、代々受け継がれている絵柄の油単ではなく、その世代世代で購入していった油単です。
これまでは、先代の緑、赤のシンプルな油単の方が味があっていいなと思っていたのですが、もしこだわりを持つのなら、、、大木獅子組のオリジナリティのある油単ができるのなら、、、
と考えると、見てみたいと思うようになっています。

いろんな意見があると思うので、なかなか難しいと思いますが(;・∀・)

 

しかし、、、やはり新調っていいですね!!(笑)

奉納の獅子舞とは考えさせられた獅子舞

 

これまで管理人の個人活動で、沢山の獅子舞を見てきました。
地域によって、舞いも違えば文化も違う。
どこへ行っても、新しい刺激を受けてきました。

その中でも、個人的にとても刺激を受けた獅子舞があります。

それは、坂出市瀬居町の瀬居八幡神社の秋祭りで出会いました。
瀬居八幡神社の秋祭りは、現在は埋め立てられ陸続きとなっていますが、元は離島の島の祭りだったそうです。

竹浦獅子組、西浦獅子組、本浦若連中の3組の獅子組が、毎年秋祭りで獅子舞を奉納しています。

葛原では馴染みはありませんが、瀬居の獅子舞は2曲あります。

それは、「御立」と「五段」です。

「御立」は、太鼓ぶちがいますが、「五段」はいません。
それぞれに舞いも違えばリズムも違います。

「五段」にいたっては、1時間近くある舞いです。
交代もしないので、葛原の人間にとっては信じられないお話です(・_・;)

葛原では1曲覚えればいいところを、もう1曲分別の舞いとリズムを覚えないといけない。
初めてその話を聞いた時は、馴染みがないだけに大変驚きました。

僕がとても刺激を受けたのは、秋祭りの最後に舞う「五段」でした。

 

瀬居八幡神社 [ 坂出市瀬居町 ]
瀬居八幡神社 [ 坂出市瀬居町 ]

 

静と動が表現された舞。
獅子、鳴り物、奉納するその姿勢に、ピリッとした空気感が神社の境内に漂っていました。

それらの様子を見ていると、これまで獅子舞に対する考えが甘かったことを痛感させられました。

ただかっこよく、上手く、目立つように、、、

それだけでは、表現することができない獅子舞が目の前にあったのです。

これまで「五段」という名の付く舞いは、他の地域でも出会ってきました。
まだ素人考えかもしれませんが、「五段」という舞いは上手い下手がはっきりとわかる舞いだと思っています。

それだけ、あの最後に舞う「五段」はどれだけの緊張感を強いられるのか、、、
見る側も、舞う側も真剣になるのは、それを知っているからなのかもしれません。
あくまで個人的な意見ですが。

最近、本当に凄い獅子舞とはどういうものかと考えます。

見てほしい、見られたいという外からの意識ではなく、奉納する獅子舞としての想いや姿勢、それをどれだけ強く持っているか、外ではなく中からの意識で大きく変わってくるのだと思います。

それが獅子舞を奉納するメンバーで表現できれば、大木獅子組も、外から見られても凄いと思われる獅子舞ができるのではないかと思います。

そこまで意識を持つのもなかなか難しいことではありますが、そのような獅子舞をいつかはしてみたいと密かな管理人の夢でもあります(笑)

 

 

秋祭りの練習が始まりました

 

管理人が住んでいる場所は、ちょうど地域の境に位置するところにありまして
この時期になると、家に帰ると周辺地域から太鼓や鉦の音が聞こえてきます(*^^*)

思わず立ち止まって聴いてしまいます(笑)

大木獅子組も、9月初めの週末から練習が始まりました。

 

大木獅子組秋祭りの練習2017
大木獅子組秋祭りの練習2017

 

今年の太鼓ぶちは、久しぶりに初めての子供を含めた練習となっています。
最初の練習では戸惑っていた子も、気づけば一通りできるようになっていたりと、覚えの速さに大変驚かされています。

そして、昨年から引き続き太鼓ぶちをしてくれる子供達も、真面目に練習に取り組んでくれています。
以前の幼さもなくなり、成長している姿にちょっとしみじみ(笑)
少しずつ大人へと成長していってるんでしょうね。

ということで、秋祭りへ向けて始動した大木獅子組。

今年の秋祭りは、10月第3週目の13日(金)~15日(日)です。
天気にも恵まれた祭りになるように祈るばかり!

引き続き練習頑張っていきます!(^^)

↓葛原正八幡宮秋祭りの日程はこちら
https://sanuki-shishimai.info/schedule/