ワークショップ『天狗房 葛』いよいよ開催!

 

小さい頃、葛原のお祭りでは天狗・烏天狗が沢山うろついていました。

多度津町葛原の秋祭り(1970年頃)
多度津町葛原の秋祭り(1970年頃)

 

当時は、太鼓ぶちが終わると、そのままダカに進級
少し大きくなった子供達が、ダカに扮していました。

それでも、小さな子にとってはとても怖い存在です

今では大きなお子さんを持つお父さん達も、当時はやんちゃな子供。

二人乗りで自転車に乗り追いかけまわしたり、BB弾を打ってきたりと、逃げ回る沢山の子供達

今思えば、飛び道具は卑怯ですよね(笑)

当時のダカは子供達でしたが、今は、、、

 

ダカ(葛原正八幡宮 2018)
ダカ(葛原正八幡宮 2018)

 

大きなダカさん達が、秋祭りで盛り上げてくれています

 

そんな管理人にとっても思入れのあるダカのお面は、獅子頭と同じ張り子で作られています。

職人さんが、獅子頭と同じ製法で一つ一つ作り上げている伝統工芸品。

普段、なかなか手にすることのない張り子のお面ですが、ワークショップを通して手に取ってもらおうと、ワークショップ『天狗房 葛』を明日から2日間開催します。

ワークショップ『天狗房 葛 』
ワークショップ『天狗房 葛 』

 

用意している張り子のお面は、職人さんとほぼ同じ材料と製作工程で制作をしました。

5種類の型のうち、白、黒、赤の3色から選べます。

同じ型でも、色によって雰囲気も違いますので、塗り方によってはさらに個性なお面へ変貌します

昨年、開催したワークショップでは、、、

天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ

 

沢山のお面と出会うことができました

一人一人個性のあるお面を仕上げていく様子を見ていると、とてもワクワクしてきます

今回の開催地は、ダカ文化が盛んな善通寺市

今度は、どんなお面と出会うのかとても楽しみです

 

ワークショップは、当日受付もしております。

基本的には、丸山八幡宮の拝殿内での色塗りとなりますが、定員に達した場合はソーシャルディスタンスを考慮し、屋外、もしくは社務所の利用となりますのでご了承ください。

【 開催日時 】
7月11日(土)、7月12日(日)
[ 午前の部 ]10:00~11:30
[ 午後の部 ]13:00~14:30
※お面の種類は、先着順でお選びいただきます。

【 開催場所 】
丸山八幡宮(香川県善通寺市善通寺町2342)

【 参加費一人 】
2,000円

【 応募フォーム 】
https://kobo-kazura.com/workshop/

【 応募フォーム申込受付締切 】
7月11日(土)17:00

【 お問い合わせ先 】
info@kobo-kazura.com

 

写真展『丸山八幡宮と八つの地域の秋祭り』開催

 

写真展『丸山八幡宮と八つの地域の秋祭り』
写真展『丸山八幡宮と八つの地域の秋祭り』

 

2020年を迎えた頃に写真展の開催をし、あれから半年の月日が流れ・・・。

またまた写真展の告知をさせていただきます(笑)

 

写真展『丸山八幡宮と八つの地域の秋祭り』

[ 開催期間 ]
2020年7月12日(日)まで

[ 場所 ]
丸山八幡宮(善通寺市善通寺町)

※一部作品は、今週末以降に展示予定です。

 

前回の『丸山八幡宮の秋祭り』の作品に加え、善通寺市内の周辺地域、そのお隣りの多度津町、そして坂出市、まんのう町の地域の秋祭りの様子を作品にして展示しております。

また作品にプラスして、それぞれの地域のお祭りの様子を収めたアルバムも置いています。

写真枚数としては、これまでで一番多いかもしれません。

 

最終日の2日間は、ダカ面に彩色をするワークショップを計画中です。

昨年、宵2019のイベントでワークショップを開催をし、沢山の色んなお面と出会いました

 

天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ

 

今回は、ダカ文化の盛んな善通寺市での開催となります

どんなお面と出会えるのか楽しみに、開催へ向けて準備を進めています。
詳細については、また近日中に発表をします。

それでは、写真展のご来場をお待ちしております

※拝殿の照明がついていない場合は、入口入ってすぐの右の柱にスイッチがあります。
※お帰りの際は、照明を消してお帰り下さい。ご協力の程、よろしくお願い致します。

 

 

写真展会期中の写真活動

 

昨年、10月から11月にかけて、善通寺市と琴平町で開催された宵まつり。

 

写真展「善通寺の祭り」
写真展「善通寺の祭り」
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ

管理人が活動をしている「写真房 葛(かずら)」は、写真展とワークショップで参加をしていましたが、開催されていた時期は、ちょうど香川県中で秋祭り真っ盛り

準備やらなにやらと追われていた日々でしたが、写真展会場にいると聴こえてくるのは太鼓や鉦の音

そうなると、カメラを持って街中を散策してしまう管理人です(笑)

写真展の会期中は、善通寺市内では吉田八幡神社と、丸山八幡宮の秋祭りが行われていました

 

吉田八幡神社(2019/10/13)
吉田八幡神社(2019/10/13)

行列で移動中の御神輿。

 

吉田八幡神社(2019/10/13)
吉田八幡神社(2019/10/13)

沿道にあるお店では、獅子舞をしていました。

 

皇子の森(2019/10/13)
皇子の森(2019/10/13)
皇子の森(2019/10/13)
皇子の森(2019/10/13)

皇子の森に御神輿が到着し、神事の後、獅子舞の奉納が始まります。
吉田八幡神社秋祭りの獅子舞の奉納は、皇子の森で終わります

 

丸山八幡宮(2019/10/13)
丸山八幡宮(2019/10/13)

そして、丸山八幡宮でも秋祭り

 

丸山八幡宮(2019/10/13)
丸山八幡宮(2019/10/13)

善通寺の五重塔を背景に、御旅所へ向けて行列が進んで行きます

 

丸山八幡宮(2019/10/13)
丸山八幡宮(2019/10/13)

善通寺市の秋祭りでは、必ずみかける烏天狗

 

丸山八幡宮(2019/10/13)
丸山八幡宮(2019/10/13)

南町太鼓台さんを追いかけていると、吉田八幡神社の行列と遭遇する光景を目にすることができます

奥に写っている御神輿は、吉田八幡神社の御神輿です

隣り合っている地域の行列同士が遭遇する光景を目にするのは、吉田八幡神社と丸山八幡宮の秋祭りだけかもしれません。

 

丸山八幡宮(2019/10/13)
丸山八幡宮(2019/10/13)

そして行列で移動中、それぞれの獅子組の子供達は、音頭を取りながら進んで行きます。
元気いっぱいの女の子達

 

丸山八幡宮(2019/10/13)
丸山八幡宮(2019/10/13)

丸山八幡宮の秋祭りは、夜まで続きました

宵まつりの開催期間中、五重塔もライトアップされていました
ライトアップされた五重塔と、提灯に灯りがともされた南町太鼓台との風景はとても綺麗でした

昨年は、いつもの撮影通りとはいかなかったですが、時間が限られていた中でも、秋祭りの雰囲気を楽しむことができたと思います

ただ1つ残念だったのは、秋祭り中の地域の人達に、写真展に来てもらえることができなかったことですが

それでも、合間に来てくれた獅子組の人達もいたので、それは大変嬉しかったです

ありがとうございました

またいつか、宵まつりの写真展のテーマでもあった、善通寺市のお祭りを題材にした写真展をあらためて開催したいです。

その時は、よろしくお願い致します

 

ここから少し告知させて頂きます

今回のブログ記事にも、書かせてもらった丸山八幡宮の秋祭り

秋祭りの始まる統家の神事から、秋祭りが終わるまでの写真を、現在開催中の写真展『丸山八幡宮の秋祭り』で展示をしております。

そして、開催期間が延長となりました

3月15日(日)までの開催となります
それに合わせて、写真展数も若干増やしております

まだ見ていないという方、気になるという方がいらっしゃいましたら、ぜひ写真展『丸山八幡宮の秋祭り』までお越しください

場所は、丸山八幡宮です。

ちなみに、拝殿の入り口には柵がありますので、除けていただいても大丈夫です。
拝殿の照明も、普段は消していますので、照明スイッチは入って右手にあります

お帰りの際には、照明を消して、柵を戻してからお帰りいただけると幸いです。

ご協力の程、よろしくお願いいたします。

↓写真展の詳細はこちらまで
写真展『丸山八幡宮の秋祭り』