太鼓ぶち – 香川県の獅子舞 –

 

太鼓ぶち [ 大木獅子組 ]
太鼓ぶち [ 大木獅子組 ]

 

上の写真は、管理人が小学1年生の時に「太鼓ぶち」として、初めて大木獅子組として参加した年の写真です。

管理人にも、このような時代がありました(笑)

 

大木獅子組[ 家遣い ]
大木獅子組[ 家遣い ]

 

「太鼓ぶち」は、小学生の子供が綺麗な着物を着て、獅子の舞いと一緒に太鼓を叩く役目です。
地域によっては、「太鼓うち」とも呼びます。

当時、秋祭りも獅子舞もよく分からなかった管理人に、訳も分からず父親からリズムを家で教えられたのが、管理人の獅子舞への始まりでした。

 

大木獅子組秋祭りの練習2017
大木獅子組秋祭りの練習2017

 

練習は、本番の1ヶ月前から始まり、毎日会場へ行っては19時から21時までの練習。
管理人も含めて子供は4人。

当時は、今では考えられないぐらい厳しく指導された記憶があります(;´・ω・)

足の出す方向が逆だと、本来前に出す足を強制的に前に出されます。
踏ん張りが効かず、そのまま後ろへストーンと転んで強打(-_-;)

落ち着きなく騒いでたらもちろん怒られますが、獅子を出している時期は特に怖く、ふざけて油単を跨ぐようなら鬼のように怒られたものです(^^;)

もちろん獅子頭を触るなんてもってのほか!!

とりあえず、練習時の大人達は怖かったです(´;ω;`)
といっても、楽しい時もあったので、いつもそうだったわけではないですよ?(笑)

 

お祓い[ 氏参り(2016/10/14) ]
お祓い[ 氏参り(2016/10/14) ]

 

葛原のお祭りでは、お祓いを受けてから始まるお祭りです。

よく大人達も、祭りは「まずお祓いを受けてから」と言っていましたが、葛原ではお祓いを受けることで、神様に近い存在になるという認識が昔からある地域だと思います。

今は、練習の為に初日から獅子頭を出していますが、当時の大人達は獅子頭を出さずに座布団を使って練習をしていました。
本番が近づく頃合いを見て、獅子頭を出し油単を付けて、初めてそこで獅子に入って練習していた記憶があります。

太鼓ぶちも、練習時期は怒られたりもしましたが、厳しかった大人達も祭り中の太鼓ぶちに対しては、とても大切にしてくれました。

そのような地域性ですから、そりゃ獅子頭を触ったり、跨いだらこっぴどく怒られるのもわかる話です(;^_^A

でもそれが、子供達にも自然と身に染みて実感するきっかけになっていたのだと思います(*^-^*)

 

ここで、「太鼓ぶち」という役目がない地域もありますので、少しばかり「太鼓ぶち」はどういったものか、大木獅子組を一例にご説明をさせて頂きます。

 

大木獅子組[ 氏参り(2016/10/14) ]
大木獅子組[ 氏参り(2016/10/14) ]

 

大木獅子組の場合、主となるリズムは大人が叩く地太鼓(平太鼓)になります。

しかし、そのリズムの基本となるのが、太鼓ぶちの叩くリズムです。
その発展形が、地太鼓でもあり、鉦でもありというところなので、獅子舞の奉納を見て頂ければ、太鼓ぶちも、地太鼓も、鉦も、ほぼ同じリズムで叩いているのがわかります。

 

大木獅子組
大木獅子組

 

しかし、太鼓ぶちの場合はリズムを覚えればそれでOKということではありません。
ただ太鼓に向かって叩くというわけではなく、リズムに合わして様々な動作が入ります。

また、リズムの合間合間でする所作「芸」と呼ばれる舞いに近いかもしれませんが、それらも覚えないといけません。

大木獅子組の場合は「芸」は16個あります。

獅子組によっては、20個以上あったりもするので、まだ少ない方だと思います。

「芸」には、

■こしあて
■むねあて
■まえのけ
■まえぬき
■ししおこし
■いれかわり
■のし


というように、1つ1つに名称がありまして、型もそれぞれ異なります。

そこをきちんとしていなければ、練習時には大人達の雷が落ちていました(;^_^A

百聞は一見に如かずということで、、、

 

 

イベントの時の動画になりますので、本来の太鼓ぶちは二人一組で、一組ずつ獅子舞の時に太鼓を叩きます。

祭り中は交代しながら叩きますが、子供4人でずっとですから大人以上に大変だと思います。

管理人も通ってきた道ですが、大変な中、それほど苦痛と感じてはいませんでしたので、その時には既に祭りバカになっていたのだと思います(笑)

とにかく覚えることがいっぱいの「太鼓ぶち」。
大人達よりも、まずは子供からという練習もわかるお話です。

いったい誰が考えたのか、、、

今となってはわかりませんが、その「太鼓ぶち」は葛原だけではなく、お隣りの善通寺市にもありますし、香川県全体で見ると主に中西讃で見られる文化です。

「太鼓ぶち」があるということは、獅子舞はどこも一緒なのかというと決してそうではなく、獅子舞や使われている鳴り物は地域によって様々で、ただ「太鼓ぶち」という共通した役目があるということだけです。

獅子舞の文化が違うと、「太鼓ぶち」のスタイルの違いも表れます。

 

とんど焼き2018 [ 葛原正八幡宮 ]
とんど焼き2018 [ 葛原正八幡宮 ]

葛原のように着物にはちまきスタイルもあれば、

 

丸山八幡宮 秋季大祭 [ 善通寺市 ]
丸山八幡宮 秋季大祭 [ 善通寺市 ]

着物に花笠というスタイルもあります。

 

花の御前稲荷神社 [ 三豊市詫間町積 ]
花の御前稲荷神社 [ 三豊市詫間町積 ]

 

三豊市の沿岸沿いの地域では、唐様と呼ばれる中国風の衣装のスタイルもあります。

(法被の地域もありますが、様々な事情で法被に変わることもありますので、昔から法被だったというお話を聞くことがあれば、またその時にでもご紹介したいと思います。)

「太鼓ぶち」という文化だけでも、地域によって様々です。

そして、どれほどの子供達が、「太鼓ぶち」というその役目を担っているのか、、、。

中西讃の獅子組数だけでも、何百と超える相当な数です。

大木獅子組の場合は、多くても太鼓ぶちは4人ですが、それ以上の人数のいる獅子組もあります。
1組に最小で2人の太鼓ぶちがいたとしても、相当な人数の子供達がその役目を担っているのだと考えると、なんだか凄いお話です。

 

このように「太鼓ぶち」という役目は大変でありますが、その地域の獅子舞にとって大切な役目でもあります。

「太鼓ぶち」を経験した子供にとっても、その地域の文化に触れるきっかけにもなりますし、地元を大切に思う気持ちへと繋がることになっているのかなと思います。

管理人も伝える立場となった今、「太鼓ぶち」には本当に大切にしていかないといけないことは何なのか、行動でも伝えれるようなそんな大人になりたいと思います。

 

 

古き獅子頭

 

香川県の獅子頭で多く見かけるのは、三豊市の「丸岡」さん、善通寺市の「松下」さん、高松市の「宮武」さんの工房で制作された獅子頭です。

善通寺市の松下のおっちゃんから、よく若い頃のお話を聞くことがあるのですが、そのお話を聞いていると、昭和時代にそれぞれの職人さん達が活躍したことで、3つの代表的な屋号を持つ獅子頭ができていったのかなと感じます。

 

獅子舞 [ 香川県仲多度郡まんのう町 ]
獅子舞 [ 香川県仲多度郡まんのう町 ]

 

ただその中でも、どこの獅子頭か判別がつかない獅子頭と出会うことが、稀にあります。
それらの獅子頭は、見ただけでも古そうな獅子頭。

丸岡さん、松下さん、宮武さんの獅子頭の型に当てはまらない獅子頭もあれば、どことなく宮武さんかな?と、似ているような獅子頭もあります。

これまでの活動で耳に入ってきたのが、丸亀市と高松市春日町伏見にいたといわれる職人さんです。

いたということだけで、詳細までは情報が入ってこない謎多き職人さん達。
情報があまりないということは、相当古い職人さん達だったのかと思われます。

前回のブログ記事でも紹介をした、顔の長い獅子頭を持つ、

 

葛原正八幡宮 北獅子組
葛原正八幡宮 北獅子組

地元葛原の北獅子組さん、

 

葛原正八幡宮 南獅子組
葛原正八幡宮 南獅子組

ボロボロでしたが蔵から出てきた南獅子組さん、

 

十五町獅子組 [ 善通寺市 ]
十五町獅子組 [ 善通寺市 ]
元の獅子頭を参考に、新調された善通寺市十五町獅子組さん、

 

共に出所が不明の獅子頭ですが、若干の違いはありつつも顔つきが同じで、こうも近い地域で残っているということは、昔にいた同じ職人さんが手掛けたのではないかと想像ができます。

だとすると、共に隣りの地域に当たる丸亀市の職人さん?

と思ったりもするのですが、確証がない為、そうだったのかなぁ??と考えることしかできません(^^;)

 

逆に、少しはっきりとしている情報があるのは、高松市春日町伏見にいたといわれる職人さんです。

話を聞く限りでは、高松市春日町伏見の工房から派生したのが、高松市の宮武さんだそうです。

以前に、職人さんの工房で見かけたとある古い獅子頭。

あまり見ない型だなと思いつつも、その形状から宮武さんかな?と思っていたのですが、職人さんに聞くと伏見で作られた獅子頭という返答でした。

まさかこんなところで、伏見で作られた獅子頭と出会うなんて!と驚いていると、

 

亀田獅子連[ 高松市 ]
亀田獅子連[ 高松市 ]

 

獅子頭の内側に実際に、伏見と記述されていました。

この獅子頭は、高松市十河地区の亀田獅子連さんが所有されている獅子頭です。

見た感じはとても古い獅子頭。

修理されるということだそうなので、どのように綺麗になるのか気になるところです(#^^#)

しかし、当初は宮武さんかなと勘違いしたのも、宮武さんが伏見から学んだと考えると、似ているというのも納得できるお話です。

 

数は少ないながらも、こうして現在も使われ残っている姿を見ると、当時はどのような獅子頭が出回っていたのでしょうか。

それらの獅子頭は、もしかしたら練習用に使われていたり、南獅子組さんのところのように、どこかの蔵や倉庫に眠っている可能性も考えられます。

いつか出会うことがあればいいなと期待を膨らませ、また新しい獅子頭との出会いや祭りを求めて、2018年も各地域を回りたいと思います(*^-^*)

 

 

多度津町葛原のお祭り – 香川県の獅子舞 –

 

幟

 

朝、起きると家の前には大きな幟が立っています。
この幟を見れるのも、祭りが始まるまでの1週間程ですが、朝起きてこの幟を見るのが、毎年の楽しみにもなっています(笑)

9月末から各地で秋祭りが始まっていますが、多度津町葛原も、今週末の金曜日の夜18時から日曜日にかけて始まります。

前回の記事では、中讃地域の獅子舞文化について少し書きましたが、次は各地へ巡って気づいた地元葛原のお祭りについて書いてみようと思います(*^^*)

多度津町葛原は、多度津町でも端にある地域です。
善通寺市、丸亀市のすぐ隣りになりますので、祭り時期になると善通寺市金蔵寺町や、丸亀市金倉町から太鼓や鉦の音が聞こえてくるほどです。

 

葛原正八幡神社
葛原正八幡神社

 

そんな端にある葛原正八幡神社は、多度津町内にある神社の中でも敷地も広く大きな神社です。

秋祭りも、南獅子組、北獅子組、西獅子組、大木獅子組の4組の獅子組が奉納をし、現在は少なくなっていますが、管理人が子供の頃は沢山の天狗、烏天狗のダカ達もいました。
(ダカのことが相当好きなとある男性が頑張って、葛原のダカ文化を盛り上げようと頑張ってくれています(笑))

 

多度津町葛原の秋祭り(1970年頃)
多度津町葛原の秋祭り(1970年頃)

 

神社から御旅所までの道のりを長い行列を組んで進んでいく光景は今も見られます。
葛原は、多度津町の中でも大きな祭りをしている地域かもしれません。

なぜ多度津町の中心から離れている地域で、比較的に大きな祭りをしているのでしょうか。

その昔、管理人の父親が子供の頃、神社の湧き水で泳いでいたと聞いたことがあります。

実際に、葛原正八幡神社の森と涸れることのない泉を指して「葛原は森八町、池八町」と呼ばれていたそうです。
殿涌(とのゆ)、鬼涌(おにゆ)、皿涌(さらゆ)の3つの湧水があったと言われています。

水があるところには人が集まり、人が集まれば発展をする。

そして多度津町は、江戸時代には金刀比羅宮参拝の玄関港として栄えていた歴史もあり、四国の鉄道の発祥の地として人の集まる場所でもありました。

葛原正八幡神社は、「第76番札所 金倉寺」から、「第77番札所 道隆寺」への遍路道沿いにある神社です。
多度津町からの金刀比羅宮参拝と、お遍路道と人の流れがあったと思われます。

ある書籍に、神社のある八幡(やはた)は宿場町として賑わっていたと書かれていました。
そして、小学校もあったそうです。
八幡の現在の狭い街並みは、その名残が残っているのかもしれません。

葛原の祭りや行列などの神事を見ていると、善通寺市の中でも比較的に獅子組が多い神社の祭りと似ているような気がします。

人の流れがあれば、少なからず影響もあったと思われますし、水の恩恵を受けている場所であれば、祭りに対しての意識も高かったと思われます。

 

なので、葛原は多度津町でも端にありながら、大きな祭りをしていたのではないか。

 

というのが、管理人の勝手ながらの憶測です(笑)

 

 

ただこれだけいえることは、それだけ歴史のある場所で祭りができることや、人手不足等で少しずつ変わっていってるところがあるとはいえ、今でも変わらず形式を変えずに祭りが行われていることに誇りを持つことも大切なのではないかと思います。

各地の神社へ訪れ、その地の祭りを見なければ疑問に思うこともなかったであろう葛原の秋祭り。

知れば知るほど奥深さを感じる地元の祭りです。

今の神事を壊さず、みんなで大切にしながら盛り上げいくことが、外から来る人にも見せれる立派な祭りができるのではないかと思います。

個人的には、大木獅子組の獅子舞もこだわりを持って、まだまだ追及していくことも管理人の目標ではありますが(笑)

もうすぐで、年に一度のお祭りです!

今年も頑張ります(^^)/