筆岡公民館まつり2018

 

筆岡公民館まつり [ 2018/12/09 ]
筆岡公民館まつり [ 2018/12/09 ]

 

善通寺市の筆岡小学校で行われている「筆岡公民館まつり」へ行ってきました

芸能発表会、制作物の展示、グルメバザーなど、地域の人達で賑わっていました。

善通寺市の筆岡地区は、中村町の木熊野神社、弘田町の春日神社と2つの神社で秋祭りが行われています

それぞれの神社で奉納をしている獅子組さんが、全組が集まるというのも「筆岡公民館まつり」ならではです

他の地域の文化祭でも、獅子舞を見ることができますが、地域の獅子組が全て集まるというのはなかなかに珍しいことです

 

幟 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]
幟 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]

 

この日も、9組の獅子組さんが筆岡小学校に集まってきました。
集まってきた獅子組さんから、持ってきた幟を順に立てかけていきます。

 

幟 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]
幟 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]

 

中村町、弘田町の両地域の幟は、共に幟の先に装飾品が付いています。

 

葛原正八幡神社【仲多度郡多度津町葛原】 秋祭り
大木獅子組

 

葛原も同じ幟はありますが、大木獅子組の場合は神社に生えている榊を挿しています。

幟1つにとっても、地域の特徴が出ているので興味深いです

 

辨天組 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]
辨天組 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]

 

そうこうしているうちに、獅子舞が始まりました。

中村町からは、5組、弘田町からは、4組の獅子舞の披露です

 

阿瀬獅子組 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]
阿瀬獅子組 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]

 

女の子の法被姿を見るのも、今では当たり前になっています。
女性の振り手さんも、獅子を振っていました

 

弘田下所獅子組 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]
弘田下所獅子組 [ 筆岡公民館まつり(2018/12/09) ]

 

今年のお祭りでは、色々とご縁のあった弘田下所獅子組さん。

 

 

普段は、それぞれの地域で奉納をしていますが、こうして全て集まって一斉に演舞をするのは、いい刺激にもなるのかなと思います。

豊原地区でも、文化祭で地区の全ての獅子組が集まると考えれば、おそらく気合いが入っちゃいます(笑)

毎年恒例となれば、また違ってくるのかもしれませんが、若い子達はそんなことは関係なくワクワクはしますよね(笑)

豊原地区でも、一度そのような機会があればいいのになぁ

 

ということで、今年の管理人の活動は、これにて全て終了となりました

春から追いかけてきた獅子舞でしたが、気づけばもうすぐで年末

毎年、同じようなことを言ってるような気がしますが、この活動は終わることはないと思いますので、来年はどのような獅子組さんと出会うのか楽しみです

もちろん、地元の秋祭りも楽しみですが

次は、大木獅子組の年越し獅子舞ですので、ぼちぼちと準備を進めていかないと

 

【 香川県の獅子舞メモ 】
・多度津町、善通寺市とその周辺地域にあるそれぞれの獅子組で所有している幟文化。秋祭り、獅子組の移動には欠かせない道具の1つ。多度津町の山階、庄の地域では、幟と共に吹き流しもある。

 

 

香川県で獅子組数が多い町は?

 

ふと、香川県で獅子組数が一番多い町はどこなんだろうと思ったので、現在、目にすることができる情報を頼りに調べてみました。

詳細に地域を調べあげたというわけではないので、ちょっとした参考程度に読んでください(笑)

まず、東讃で一番多いのは三木町でした

さすが、獅子たちの里と謳っている三木町。

町のPR動画等を制作しているだけあって、詳細に調べている資料もありました。

 

二条獅子連 [ 和爾賀波神社(三木町) ]
二条獅子連さん  [ 和爾賀波神社(三木町) ]

 

数えてみると、獅子組数は54
※今回、三木町の大獅子は外させてもらってます。

 

次に、中・西讃で一番獅子組数が多い町は高瀬町でした

 

上新名獅子若衆[ 横山神社(高瀬町) ]
上新名獅子若衆さん [ 横山神社(高瀬町) ]

 

その数は、なんと55~60組を超えるほどの数
※現在、活動されていない獅子組さんも含めての想定になります。

東西で似たような数になっているのは、興味深いところです
ただ、三木町、高瀬町の大きな違いは、神社の数とそこに所属している獅子組さんの数でした

三木町は、7社の神社で獅子舞が奉納されています。
1つの神社に、約10組ほどの獅子組さんが、秋祭りで奉納をしている地域がほとんどです。

高瀬町は、20社を超える神社で獅子舞が奉納されています。
1つの神社に、1〜5組ほどの獅子組さんが秋祭りで奉納をしています。
一番多い神社でも8組です。

ただ、高瀬町では地元の神社以外にも、別の神社の例大祭に奉納をしにいく地域もあります。
大水上神社では、地元の獅子組と別の地域の獅子組の15組で奉納をしています。

そのような風習のない地域の秋祭り好きの学生にとっては、2回も祭りがあるん
と、羨ましがるお話でもあり、獅子組の運営に携わる大人達にとっては、それはそれで大変だろうなと考えてしまうお話ですよね

 

このように、三木町では神社の数は少ないですが、1つの神社で奉納をしている獅子組数が多く、高瀬町では逆に神社の数が多く、奉納をしている獅子組数は、平均で5組を満たないほどです。

おそらくその土地の成り立ち、歴史や文化で、そのような違いが現れているのだと思います

 

宮立ち(大木獅子組)
宮立ち(大木獅子組)

 

ちなみに、大木獅子組の多度津町は28組ほどの数になります。

 

丸山八幡宮 秋季大祭 [ 善通寺市 ]
丸山八幡宮 秋季大祭 [ 善通寺市 ]

 

お隣りの善通寺市は、60組近く。

 

茶円原獅子組さん [ 畑田八幡宮( 綾川町)]
茶円原獅子組さん [ 畑田八幡宮( 綾川町)]

 

綾川町でも、40組は超えるほどだと思われます。

他の地域でも、獅子組数は多いです

 

まだまだ、出会っていない獅子組さんは沢山あるので、今後、管理人の写真活動を通して、どのような獅子組さんと出会うのか楽しみです

 

【 香川県の獅子舞メモ 】
・1つの集落に、獅子の道具を持っている地域が多いが、複数の集落で、獅子の道具を持ち回りで使用している地域もある。その年の秋祭りが終われば、来年担当になる集落へと引き継がれる。

 

ダカ面ワークショップ

 

管理人の写真活動の傍ら、小面に彩色をするワークショップ活動もしています

2018年10月28日(日)に開催された多度津フェスティバルでは、ダカ面ワークショップと題して出店しました。

 

ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]

 

昨年、出店する予定でしたが、台風の影響によりイベント自体が中止に
今年は秋晴れの下、無事に開催することができたので大変よかったです

初出店は、2015年。
実に、3年ぶりの出店でした

イベントの開始時刻と同時に、既に列ができていってるという話を聞き、受付開始時間の1時間半前なのにと大変驚きました

朝早くから並んで頂きありがとうございました

 

ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]

 

用意していたお面は、30個。
受付けを始め、ワークショップの参加者の列も途切れることなく面は捌けいき、10分程で全てなくなりました。

 

ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]

 

色塗りの作業の合い間には、ダカ面ワークショップの説明もさせていただきました

 

ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]

 

ワークショップの様子を見てみると、、、

 

ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
 

親子で一生懸命に塗っている様子を見れたり、

 

ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]

 

イベントに出演されている獅子組さんの方達も、参加してくれていました
本津獅子保存会さん、ご参加ありがとうございました

 

天狗、烏天狗と記念撮影 [ 2018/10/28(日) ]
天狗、烏天狗と記念撮影 [ 2018/10/28(日) ]

 

今回のワークショップのお手伝いをしてくれた、天狗、烏天狗と一緒に撮影をしている様子も

ワークショップ中、上手く色がのらないということで、アドバイスを求められたりもしましたが、試行錯誤しながらも、こんな発想もあるのかと思わず感心するようなお面にも出会いました

参加してくれた小さな男の子も、とても綺麗に塗れたお面を見せてくれます

 

ダカ面色塗り完成 [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面色塗り完成 [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面色塗り完成 [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面色塗り完成 [ 2018/10/28(日) ]
 

嬉しそうに見せてくれる姿を見ると、私達も一緒に笑顔になってしまいます

お祭りで見かける獅子頭やお面は、特に子供達にとっては、普段手に取れる機会は少ないと思います。

 

張り子の面
張り子の面

 

ワークショップを通して、それらと同じ素材、製法で作られたお面を手に取って、何かを感じてくれたらという思いで開催をしています。

ですので、小さな子供達の笑顔を見ると、あらためてワークショップを立ち上げてよかった思える瞬間でもあります

 

ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]
ダカ面ワークショップ [ 2018/10/28(日) ]

 

本当に沢山のご参加ありがとうございました

 

後日談ですが、総本山善通寺で開催された空海まつりの撮影に行った時、見たことのあるお面を付けたお子さんがいました

気になって見に行くと、、、

 

空海まつり [ 2018/11/03(土) ]
空海まつり [ 2018/11/03(土) ]

 

なんと、ワークショップのお面でした

聞くところによると、ワークショップで色塗りをしてからとても喜んでくれてたみたいで、空海まつりにも持っていくんだと楽しみにしていたそうです。

地域の子供達も、その小さなお面を羨ましがってたほど好評だったというお話も聞きました。

私たちは、ワークショップから旅立ったお面は、どうなっているか知ることはできません。
こうして思いがけない出会いがあると、嬉しくて、、、とても感無量です。

いつか私たちの写真展でも、ワークショップを開催したいと考えています。

またその時は、よろしくお願い致します

そして、今回ワークショップの出店のお話を頂き、多度津フェスティバル実行委員会の皆様、ありがとうございました✨