龍王宮の春祭り



2019年4月14日(日)、多度津町山階での春祭り

多度津町山階の地域は、山階に鎮座している春日神社の秋祭りで、6組の獅子組さんが毎年奉納をしています。

そして、その年の大統(おおとう)に当たる獅子組さんは、山階で行われる夏祭り等の神事で、獅子舞を奉納する役割を担います。

今年の大統は、阿庄若連中さん

春祭り[ 西村公民館(多度津町山階) ]
春祭り[ 西村公民館(多度津町山階) ]

獅子舞が行われる西村公民館へ行くと、既に阿庄若連中さんが奉納の準備をしていました

初めて訪れたお祭りでしたので、地元の方にどのようなお祭りか聞いてみました。

山階の春祭りは、公民館から西の方角にそびえる天霧山の山中にある龍王宮のお祭りだそうです。

公民館に組まれた祭壇の後方の窓からは、ちょうど大きくそびえ立つ天霧山の様子を見ることができました。

そうこうしているうちに、獅子舞の奉納が始まりました

春祭り[ 阿庄若連中(多度津町山階) ]
春祭り[ 阿庄若連中(多度津町山階) ]

獅子舞の奉納が終わると、次に神事が行われます。

龍王宮 春祭り[ 西村公民館(多度津町山階) ]
龍王宮 春祭り[ 西村公民館(多度津町山階) ]
龍王宮 春祭り[ 西村公民館(多度津町山階) ]
龍王宮 春祭り[ 西村公民館(多度津町山階) ]

そして、神事が終われば最後の獅子舞奉納です。

春祭り[ 阿庄若連中(多度津町山階) ]
春祭り[ 阿庄若連中(多度津町山階) ]

小一時間程の小さなお祭りでしたが、神事中の宮司さんの祝詞(のりと)を聞いていると、天霧山のことや雨という言葉が出てきたので、おそらく雨乞いの意味があるのではないかと、管理人仲間の間でそのような話がでました。

偶然にも、お祭り後に阿庄の方に聞ける機会ができたので、実際のところ聞いてみると、五穀豊穣を願って、雨乞いの意味を持つお祭りという回答が返ってきました。

それらの返答に仲間内では、

やっぱり

と、少し興奮気味でしたが(笑)

そして、昔のお話も合わせて聞くことができました

今は公民館でお祭りをしていますが、昔は天霧山へ登って龍王宮のある祠まで行って奉納をしていたそうです。

遥か昔には、天霧山には天霧城がありました。

もし、その当時からある祠でしたら参道にあると考えると、昔から大事にされていた場所だったのかなという想像も膨らみます。

これはあくまで想像上でのお話ではありますが(笑)

昔から続くお祭り事は、何かしらの意味があると言われます。

今回の春祭りでは、それを実感することができたひと時だったと思います

平成最後の春祭り

 

荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]
荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]



昨年に初めて訪れた、三豊市三野町に鎮座している荒魂神社。


春祭りで獅子舞があると知って訪れた場所ですが、獅子舞だけでなく御神楽もしていたということを後日知って、来年は、御神楽も見ないと


と、翌年の目標となりました

そして、平成最後の春祭り

今年は、獅子舞から御神楽までを見る為に、1年ぶりに荒魂神社へ訪れました。

神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

昨年と同様に拝殿では、神事が執り行われています。

荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

そして、荒魂神社若獅子連さんによる獅子舞奉納が始まります。


この日はとても天気に恵まれ、境内にある桜も満開でした

荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

合間にはこのような光景も見られ、やっぱり地域のお祭りはいいなと思わずほっこり

午前の神事が終わると、昼過ぎから御神楽が始まります。

御神楽が始まるまで、少し時間ができたので、善通寺市木徳町の新羅神社で行われている春祭りにも行ってきました

新羅神社では、前日の夜に御神楽、昼から獅子舞の奉納をしています。

新羅神社 春祭り [ 2019/04/07(日) ]
新羅神社 春祭り [ 2019/04/07(日) ]

新羅神社の各獅子組の獅子舞は、全て毛獅子。

重量感のある毛獅子の舞は、個人的に好きなので合間に見に行けたのはよかったです

そして、新羅神社での獅子舞奉納を見終わった後、急いで荒魂神社へ

神社の階段を上っていくと、午前中にはなかったものが、、、、

荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]
荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]

鳥居の奥に、茅の輪が

6月末頃に、地域の神社で行われている「夏越の祓」で良く見られる茅の輪がなぜ春祭りに?

不思議に思っていると、既に御神楽が始まっていたので、その疑問は頭の片隅に置いて御神楽に集中しました

島の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
島の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

これまでにも、いろんな地域で御神楽を見に行きましたが、女性ばかりの御神楽は初めてでした。

男性とはまた違う舞の表現の仕方に、思わず見入ります。

猩々の舞では、猩々が見に来てる人を楽しませてくれます。

猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

 

管理人も、猩々に絡まれました(笑)

猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

そして、地元の方々も猩々から御神酒をもらいます。

お酒を飲んで酔った猩々。

それを見て笑顔になる人、御神酒をもらい猩々の絡みや動きに思わず笑い声も起きます

それらの雰囲気に、御神楽も地元の人達を幸せにする力があるのかなと、見ていてふと思いました。

そして、最後の鉾の舞が終わったあと、今回の御神楽で始めて見るものもあったので、宮司さんに質問をしにいきました。

荒魂神社の春祭りは、末社も含めた5社の春祭りだそうです。

遥か昔、地域に疫病が流行った経緯から始まったお祭りです。

一度途絶えてたそうですが、また疫病が流行ってしまったということから、再び奉納をするようになり、今に続いています。

元々は、夏にお祭りをしていたそうですが、地域住民の高齢化等の諸事情により春に変わったそうです。

ここでピンと来たのが、頭の片隅に置いておいた疑問です。

境内に茅の輪がなぜあったのか。

夏にしていたお祭りというのは、「夏越の祓」だったのではないか。

だから春に変わったことで、春祭りに茅の輪を見ることができたのではないか。

頭の片隅に置いておいた疑問が、一気に解決した気がしました。

今回、最後に宮司さんや地元の方に歴史を聞けたことは大変為になりました。

やはり地域の神社で行われているお祭りは、何かしらの意味や歴史があり、今も続けられているということ。

それをあらためて感じたお祭りだったと思います

 

 

【 香川県の獅子舞メモ 】
・西讃では、獅子舞の鳴り物に鉦を使用している地域が、中讃や東讃に比べると少ない。鉦がない地域では、陣太鼓(地太鼓)の数が多かったり、摺鉦を使用している地域がある。

神社を巡る 善通寺市編(大麻神社・東西神社)



昨年、多度津町で秋祭りのある神社を自転車で巡りました

↓前回の記事はこちら
多度津町内の神社を自転車で巡る

その善通寺市編ということで、オフシーズンを利用して巡って行くことにしました。

まず訪れたのは、善通寺市と琴平町の境にある大麻神社。

大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]
大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]

JR土讃線の線路を越えると、すぐ見えてくる鳥居です。

鳥居を越えてすぐ隣りが御旅所になります。

大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]
大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]

参道を進むと、再び別の鳥居が見えてきます

大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]
大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]

大麻山の山麓に鎮座している神社へと続く階段です。

大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]
大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]

階段を上がっていくと、随身門が現れ、その先が境内となります。

大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]
大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]
大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]
大麻神社 [ 善通寺市大麻町 ]

境内は広く、鳥のさえずりも聞こえ、緑豊かな雰囲気のいい神社です

大麻神社の始まりは、善通寺市のサイトの情報によれば景行天皇の時代。

景行天皇は、西暦71年~130年まで在位した天皇ですので、大麻神社自体が相当古い歴史のある神社です。

一度は消失したそうですが、1661年に丸亀藩の京極高和が再建をしたそうです。

実は、2年前に秋祭りへ訪れたことがあるのですが、獅子舞を見ていると、琴平町と善通寺市の文化が混ざり合ってる地域だと感じました。

市や町の境は、どちらかの文化というよりも、両方の文化が混ざりあっていることが多いです。

地域の境に行かないとなかなか見つけることはできませんので、それを見つけると嬉しく感じる管理人です(笑)

大麻神社 [ 秋季大祭2017 ]
大麻神社 [ 秋季大祭2017 ]

上の写真は、参道で行列を組んで御旅所まで進んで行っている様子です。

大麻神社には、5組の獅子組さんがいます

 

 

次に訪れたのは、善通寺市吉原町にある東西神社です。

天霧山の麓にある神社。

東西神社[ 善通寺市吉原町 ]
東西神社[ 善通寺市吉原町 ]
東西神社[ 善通寺市吉原町 ]
東西神社[ 善通寺市吉原町 ]

石碑のある道を進んでいくと鳥居が見えてきます

東西神社[ 善通寺市吉原町 ]
東西神社[ 善通寺市吉原町 ]

境内の様子です。

東西神社は、本村地区にあった神社を昭和3年の内務省令で合祀された歴史があります。

東西神社[ 善通寺市吉原町 ]
東西神社[ 善通寺市吉原町 ]

拝殿左側、向かって右の社が荒神社、左の社が八幡社。

東西神社[ 善通寺市吉原町 ]
東西神社[ 善通寺市吉原町 ]

拝殿右側は、若宮社(写真階段奥の社)。

境内に設置されていた看板に、

「本村地区では毎年9月に、八幡・荒神祭として神主を招いて祝詞を捧げ獅子舞を奉納しています。」

と、書かれていました。

今もそれは行われて獅子舞を奉納をしているのか、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて欲しいです

東西神社では、4組の獅子組さんが奉納をしています

東西神社の秋祭りに奉納をしている十五町獅子組さんは、ご縁があって撮影のご協力も頂けた経緯もあったり、葛原の北獅子組さんと同じ獅子頭を持っているということで、以前、このブログでもご紹介をしたことがあります。

十五町獅子組 [ 善通寺市 ]
十五町獅子組 [ 善通寺市 ]

いつかは、現地のお祭りでも見に行きたいのですが、今のところ、個人的に日程を合わすことが難しい日ですので、いつか訪れる機会ができましたら、その時はぜひ見に行きたいと思います

 

今回訪れたのは、2つの神社でしたが、まだまだ善通寺市の神社はあります。

少しずつになると思いますが、また次の神社へと訪れたいと思います