花笠との出会い

 

数年前に、善通寺市の松下獅子店へ訪れた時のこと、獅子頭職人のおっちゃんから、今と昔の花笠の違いについて教えてもらったことがあります

そのことについては、以前ブログに書かせてもらいました

↓記事はこちら
今と違っていた昔の花笠

今の花笠は造花で作られていますが、一昔前は布や糸、針金等を使って花に似せて手作りで作ってたそうです。

たまたまおっちゃんの工房で、その当時の制作物が出てきたのでそのようなお話になったのですが、その見せてもらえた制作物は花笠の一部、花笠自体を見れたわけではありませんでした。

その時は、それらを見ながら当時の花笠のイメージを膨らませていた管理人でした。

 

10月の第4週目、縁あって徳島県との県境にある勝浦神社の秋祭りに撮影へ行った時のことでした。

太鼓ぶちの衣装付けの撮影をしていると、ふと目に入った花笠

 

花笠
花笠

 

これは

花や枝などが全て手作り
これはおっちゃんが言ってた、全て手作りの花笠だ

たぶんこうだろうなと想像していた花笠が目の前にあるんです

もうそれは興奮物です

でもその興奮を表に出すには恥ずかしいので、心の中で「うそマジで目の前にあるやん」と声を発していた管理人です(笑)

聞くところによると、時代と共に担い手も少なくなり獅子組の活動を休止していた時期があったそうです。
太鼓ぶちも数年前に復活したばかりで、衣装や花笠などはそれまでずっと保管していたということでした。

そのような経緯もあって、花笠や衣装は今でも綺麗で使用できる状態だったのかもしれません。

最近、獅子舞関連のイベントでは、その名をよく耳にするようになっている四国民俗学会理事の水野さんも本祭りに訪れていたのですが、管理人の隣りでボソッと「あれは古い型の着物」やなと教えてくれました(笑)

 

勝浦神社(まんのう町勝浦本村)
勝浦神社(まんのう町勝浦本村)

 

年に1回とはいえ、ずっと使用し続けていると朽ちてくる衣装や道具。

大木獅子組の太鼓ぶちの衣装も、管理人が記憶している限りでは既に何回か新しく購入しています。

昔はこうだったといわれていた物が、まだ現存していることは様々な事情があったからではありますが、勝浦神社での秋祭りでは再び使用されるようになり、こうしてお祭りを通して見ることができたのは、管理人とってとても嬉しい出来事でした。

もちろん勝浦神社の秋祭りも、とてもいいお祭りでした
また訪れたいお祭りの一つです

今度は、もっと詳しく獅子組のことや地域の歴史なども教えてもらいたいです

 

今年はコロナウイルス感染症の影響で、ほとんどのお祭りが縮小、もしくは自粛となっていましたが、来年は開催されると信じて、また新たな出会いに期待を膨らませたいと思います

写真展『葛原正八幡宮 秋季大祭』開催

 

葛原正八幡宮(2019.10.20)
葛原正八幡宮(2019.10.20)

夜が少し肌寒くなる頃、自転車で帰宅していると様々な方角から、太鼓や鉦の音が聴こえてきます

毎年、それらのBGMを聴きながら帰宅するのが大好きだったのですが、今年はとても静かな夜道を帰宅しています

今年の秋祭りは、神事はあるけどその他の行事は中止、もしくは縮小というお話を各方面から聞こえてきます

それは多度津町葛原も例外ではなく、神事以外の行事は中止となりました

今年は、仕方がないといい聞かすことが多いような気がします

せめて何かできることはないか、これまで撮影をしてきた写真を眺めていると、写真展という形で、少しでも秋祭りの雰囲気を感じる機会は作れないかと考えるようになりました。

そこで、総代さんや役員さんに相談をし、2020年10月18日(日)のお祭り当日に葛原正八幡宮の拝殿、社務所を利用して、写真展を開催する運びとなりました

 

葛原4組による獅子舞奉納(葛原正八幡宮 2018)
葛原4組による獅子舞奉納(葛原正八幡宮 2018)

写真展『葛原正八幡宮 秋季大祭』

[ 開催日 ]
2020年10月18(日)
[ 時間 ]
8時~16時
[ 開催場所 ]
葛原正八幡宮(香川県仲多度郡多度津町葛原)

 

只今、作品制作に取り掛かっていますが、間に合うか些か不安の中がんばっております(笑)

今年は、行列も獅子舞も見ることはできませんが、写真を通してぜひ見て頂ければと思います

当日は、管理人も在廊していますので、ご来場お待ちしております

 

ワークショップ『天狗房 葛』いよいよ開催!

 

小さい頃、葛原のお祭りでは天狗・烏天狗が沢山うろついていました。

多度津町葛原の秋祭り(1970年頃)
多度津町葛原の秋祭り(1970年頃)

 

当時は、太鼓ぶちが終わると、そのままダカに進級
少し大きくなった子供達が、ダカに扮していました。

それでも、小さな子にとってはとても怖い存在です

今では大きなお子さんを持つお父さん達も、当時はやんちゃな子供。

二人乗りで自転車に乗り追いかけまわしたり、BB弾を打ってきたりと、逃げ回る沢山の子供達

今思えば、飛び道具は卑怯ですよね(笑)

当時のダカは子供達でしたが、今は、、、

 

ダカ(葛原正八幡宮 2018)
ダカ(葛原正八幡宮 2018)

 

大きなダカさん達が、秋祭りで盛り上げてくれています

 

そんな管理人にとっても思入れのあるダカのお面は、獅子頭と同じ張り子で作られています。

職人さんが、獅子頭と同じ製法で一つ一つ作り上げている伝統工芸品。

普段、なかなか手にすることのない張り子のお面ですが、ワークショップを通して手に取ってもらおうと、ワークショップ『天狗房 葛』を明日から2日間開催します。

ワークショップ『天狗房 葛 』
ワークショップ『天狗房 葛 』

 

用意している張り子のお面は、職人さんとほぼ同じ材料と製作工程で制作をしました。

5種類の型のうち、白、黒、赤の3色から選べます。

同じ型でも、色によって雰囲気も違いますので、塗り方によってはさらに個性なお面へ変貌します

昨年、開催したワークショップでは、、、

天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ
天狗・烏天狗絵付けワークショップ

 

沢山のお面と出会うことができました

一人一人個性のあるお面を仕上げていく様子を見ていると、とてもワクワクしてきます

今回の開催地は、ダカ文化が盛んな善通寺市

今度は、どんなお面と出会うのかとても楽しみです

 

ワークショップは、当日受付もしております。

基本的には、丸山八幡宮の拝殿内での色塗りとなりますが、定員に達した場合はソーシャルディスタンスを考慮し、屋外、もしくは社務所の利用となりますのでご了承ください。

【 開催日時 】
7月11日(土)、7月12日(日)
[ 午前の部 ]10:00~11:30
[ 午後の部 ]13:00~14:30
※お面の種類は、先着順でお選びいただきます。

【 開催場所 】
丸山八幡宮(香川県善通寺市善通寺町2342)

【 参加費一人 】
2,000円

【 応募フォーム 】
https://kobo-kazura.com/workshop/

【 応募フォーム申込受付締切 】
7月11日(土)17:00

【 お問い合わせ先 】
info@kobo-kazura.com