葛原正八幡宮 秋季例大祭2018『氏参り』

 

2018年の多度津町葛原の秋祭りは、天気もよく秋祭り日和の年でした

葛原の秋祭りは、金曜日の『氏参り』から始まります。

 

葛原正八幡宮【氏参り(2018.10.19)】
葛原正八幡宮【氏参り(2018.10.19)】

 

葛原4組の獅子組は、神社でお祓いを受け、その年の最初の奉納が始まります。

 

南獅子組【氏参り(2018.10.19)】
南獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

受付を済ませ、

 

南獅子組【氏参り(2018.10.19)】
南獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

幣殿でお祓いを受けます。

 

南獅子組【氏参り(2018.10.19)】
南獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

今年、南獅子組さんは獅子頭を全面修理をしました
ちょうどそのお話をしている一場面です

獅子頭の出来栄えに、南獅子組さんの頭も含めとても喜んでいたのを知っていたので、お披露目となったこの日は、相当嬉しかったと思います

ちょっと羨ましいです(笑)

 

南獅子組【氏参り(2018.10.19)】
南獅子組【氏参り(2018.10.19)】
南獅子組【氏参り(2018.10.19)】
南獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

そして、お祓いが終われば獅子舞の奉納が始まります。

今年は、南獅子組さんが1番目でしたので、次は北獅子組さんと続きます。

 

北獅子組【氏参り(2018.10.19)】
北獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

北獅子組さんも、お祓いを受け、

 

北獅子組【氏参り(2018.10.19)】
北獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

獅子舞の奉納です

この時、南獅子組さんは横にずれて2回目の奉納をしています。
拝殿では、2組の獅子舞を同時に見ることができます

そして、次は西獅子組さん。

 

西獅子組【氏参り(2018.10.19)】
西獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

西獅子組さんも、お祓いを受け、

 

西獅子組【氏参り(2018.10.19)】
西獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

獅子舞の奉納です

そして最後は、大木獅子組です。

 

大木獅子組【氏参り(2018.10.19)】
大木獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

お祓いを受け、

 

大木獅子組【氏参り(2018.10.19)】
大木獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

獅子舞の奉納です

2回目の奉納の鳴り物部隊は、今後の世代を担う子供達です。

 

大木獅子組【氏参り(2018.10.19)】
大木獅子組【氏参り(2018.10.19)】

 

たぶん一発目をしたくてウズウズしていると思うけど、まだそのフラストレーションを溜めて、そのうち訪れる中心となって活躍する時には、それを爆発させて頑張ってほしいです

管理人も通ってきた道なので、あの場でしたいという気持ちはよくわかります(笑)

そして、拝殿での奉納が終われば、その隣りにある出雲神社で奉納。

その次は、秋祭りでの御旅所にあたる北条の荒神宮での奉納と続きます。

 

荒神宮【氏参り(2018.10.19)】
荒神宮【氏参り(2018.10.19)】

 

そして大木獅子組は、大木地区にある大木荒神宮での奉納で1日目は終わりとなります。

 

大木荒神宮【氏参り(2018.10.19)】
大木荒神宮【氏参り(2018.10.19)】

 

こうして始まる葛原の秋祭り。

 

葛原正八幡宮【氏参り(2018.10.19)】
葛原正八幡宮【氏参り(2018.10.19)】

 

太鼓ぶちをしていた頃、大人達がもの凄く緊張した顔つきで、とてもピリッとした空気の中で奉納をしていました。

ここはきちんとしないといけないところなんだと、子供ながら感じていたので、不思議と今でもその気持ちは持ち続けています。

今も奉納前は緊張しますが、子供の頃からそのピリッとした夜の神社での奉納はとても大好きです。

毎年のことなので、今でも緊張するというのも不思議なことですが(笑)

1日目の秋祭りは終わりました。

次は、2日目へと続きます。

 

【 香川県の獅子舞メモ 】
・東讃地域では、本祭りの前日に宵宮といって、獅子舞を奉納をする地域が多くある。
・中讃地域では、宵祭りにあたる日に葛原のように獅子舞の奉納をする地域は少ないが、御神楽をしている地域が多い。
・奉納前にお祓いを受け、神社からお守りまたは御幣などを貰い、獅子頭に付けて奉納をするのは、県内でも数少ない風習である。

 

 

2018年 葛原正八幡宮 秋季例大祭

 

今週末からは、地元葛原の秋祭りです。

9月に入ってから、各地の祭りへ巡っていましたが、見る側からする側へと立場は変更です(笑)

 

 

葛原4組の獅子組が、金曜日の夜18時頃から、葛原正八幡宮の拝殿で順番に奉納をしていきます。

 

お祓い[ 氏参り(2016/10/14) ]
お祓い[ 氏参り(2016/10/14) ]

 

太鼓ぶちの頃から、周りの大人達が緊張感を持って金曜日を迎えてたのを見ていました。

そのような大人達を見て、自然と管理人自身も、3日間あるお祭りの中で金曜日は少し特別な1日になっているかもしれません

よく本祭りの日程を聞かれますが、日曜日もいいのですが、個人的には金曜日をお勧めしたいです(笑)

今年の大木獅子組の順番は、4番目です。

とうとう、葛原も秋祭りが始まります

 

[ 葛原正八幡宮 秋季例大祭の日程はこちら ]

 

 

お祭りで出会った子供達

 

先週末の土曜日、家々を回っている獅子組さんを追いかけて、善通寺市内を散策していました

そこで見つけた皇子獅子組さん。

しばらくついて撮影をしていた時のこと

男の子が、

「今から太鼓を叩くから撮ってよ!」

と、突然声をかけてきました

 

皇子獅子組
皇子獅子組

 

獅子舞が始まると、カメラを向けたのですが、男の子は思わず照れ笑い(笑)

撮ってよと、意気込んでたのになぁ(笑)

管理人自身も、照れている様子を見て、少し笑ってしまいました(笑)

それからしばらくして、移動中の合間に同じ獅子組のお友達とパシャリ

 

皇子獅子組の子供達
皇子獅子組の子供達

 

今度は、しっかりとポーズを取ってくれました

「何かに載るん!?」

と、質問されたけど、、、載るのはここでした(笑)

 

そして、翌日の日曜日に訪れた善通寺市にある御舘神社。

 

御舘神社【 善通寺市善通寺町 】
御舘神社【 善通寺市善通寺町 】

 

最後の獅子舞が始まるのを待っていると、

「獅子を撮ってるん?」

と、2人の女の子が声をかけてきました。

「なんで撮ってるん?」

「写真撮るの好きなん?」

等々、質問攻めの果てには、、、

〇〇モジャリン(〇は名字)

という、あだ名を付けられました

頭がモジャモジャだから、モジャリンだそうです(笑)

当初は、カメラを向けると逃げていた女の子も最終的には、

 

瓦谷獅子組の子供達
瓦谷獅子組の子供達

 

ポーズを取ってパシャリ

本当は嫌じゃなかったのね(笑)

最後には、、、

 

御舘神社で出会った子供達
御舘神社で出会った子供達

 

みんなでパシャリ

 

10月の第2週目は、現地の男の子や女の子と仲良くなれたそんなお祭り巡りでした。

どの子も、地元の獅子舞が好きだということが伝わってきます

ずっと祭りに携わる子もいれば、選んだ道によっては、地元から離れたりと様々かもしれません。

それでも、いつまでも地元のお祭りが好きでいて欲しいなと、元気な子供達を見ているとそう思ってしまいます。

管理人が、また数年後に訪れた時は、今のように声をかけてくれるかな?

少し大人になってシャイになってたりして(笑)