香川県で獅子組数が多い町は?

 

ふと、香川県で獅子組数が一番多い町はどこなんだろうと思ったので、現在、目にすることができる情報を頼りに調べてみました。

詳細に地域を調べあげたというわけではないので、ちょっとした参考程度に読んでください(笑)

まず、東讃で一番多いのは三木町でした

さすが、獅子たちの里と謳っている三木町。

町のPR動画等を制作しているだけあって、詳細に調べている資料もありました。

 

二条獅子連 [ 和爾賀波神社(三木町) ]
二条獅子連さん  [ 和爾賀波神社(三木町) ]

 

数えてみると、獅子組数は54
※今回、三木町の大獅子は外させてもらってます。

 

次に、中・西讃で一番獅子組数が多い町は高瀬町でした

 

上新名獅子若衆[ 横山神社(高瀬町) ]
上新名獅子若衆さん [ 横山神社(高瀬町) ]

 

その数は、なんと55~60組を超えるほどの数
※現在、活動されていない獅子組さんも含めての想定になります。

東西で似たような数になっているのは、興味深いところです
ただ、三木町、高瀬町の大きな違いは、神社の数とそこに所属している獅子組さんの数でした

三木町は、7社の神社で獅子舞が奉納されています。
1つの神社に、約10組ほどの獅子組さんが、秋祭りで奉納をしている地域がほとんどです。

高瀬町は、20社を超える神社で獅子舞が奉納されています。
1つの神社に、1〜5組ほどの獅子組さんが秋祭りで奉納をしています。
一番多い神社でも8組です。

ただ、高瀬町では地元の神社以外にも、別の神社の例大祭に奉納をしにいく地域もあります。
大水上神社では、地元の獅子組と別の地域の獅子組の15組で奉納をしています。

そのような風習のない地域の秋祭り好きの学生にとっては、2回も祭りがあるん
と、羨ましがるお話でもあり、獅子組の運営に携わる大人達にとっては、それはそれで大変だろうなと考えてしまうお話ですよね

 

このように、三木町では神社の数は少ないですが、1つの神社で奉納をしている獅子組数が多く、高瀬町では逆に神社の数が多く、奉納をしている獅子組数は、平均で5組を満たないほどです。

おそらくその土地の成り立ち、歴史や文化で、そのような違いが現れているのだと思います

 

宮立ち(大木獅子組)
宮立ち(大木獅子組)

 

ちなみに、大木獅子組の多度津町は28組ほどの数になります。

 

丸山八幡宮 秋季大祭 [ 善通寺市 ]
丸山八幡宮 秋季大祭 [ 善通寺市 ]

 

お隣りの善通寺市は、60組近く。

 

茶円原獅子組さん [ 畑田八幡宮( 綾川町)]
茶円原獅子組さん [ 畑田八幡宮( 綾川町)]

 

綾川町でも、40組は超えるほどだと思われます。

他の地域でも、獅子組数は多いです

 

まだまだ、出会っていない獅子組さんは沢山あるので、今後、管理人の写真活動を通して、どのような獅子組さんと出会うのか楽しみです

 

【 香川県の獅子舞メモ 】
・1つの集落に、獅子の道具を持っている地域が多いが、複数の集落で、獅子の道具を持ち回りで使用している地域もある。その年の秋祭りが終われば、来年担当になる集落へと引き継がれる。

 

秋祭り後の獅子舞

 

秋祭りが終わると、香川県の獅子舞もオフシーズンにはいりますが、地域の文化祭や、イベント等でその年の最後の獅子舞を見ることができます

大木獅子組も、地元多度津町で毎年開催されている「多度津フェスティバル」に参加しています。

 

多度津フェスティバル [ サクラートたどつ( 2018/10/28( 日 ) )]
多度津フェスティバル [ サクラートたどつ( 2018/10/28( 日 ) )]

 

今年の参加獅子組数は、10組。

 

 

・上新名獅子若衆 [ 三豊市 ]
・白鬚神社獅子組 [ 多度津町 ]
・本津獅子保存会 [ 高松市 ]
・葛原正八幡宮 大木獅子組 [ 多度津町 ]
・東白方獅子舞保存会 [ 多度津町 ]
・山階北山獅子組 [ 多度津町 ]
・中条獅子組保存会 [ 多度津町 ]
・山階本村獅子組 [ 多度津町 ]
・瀬居本浦若連中 [ 坂出市 ]
・葛原正八幡宮 西獅子組 [ 多度津町 ]
(出演順)

 

多度津フェスティバル [ サクラートたどつ( 2018/10/28( 日 ) )]
多度津フェスティバル [ サクラートたどつ( 2018/10/28( 日 ) )]

上新名獅子若衆さん

多度津フェスティバル [ サクラートたどつ( 2018/10/28( 日 ) )]
多度津フェスティバル [ サクラートたどつ( 2018/10/28( 日 ) )]

大木獅子組

 

大木獅子組は、2018年最後の獅子舞となりました

 

そして、お隣りの善通寺市では、総本山善通寺で毎年11月3日に「空海まつり」が開催されます

今年は、善通寺獅子舞保存会に入っている善通寺市の獅子組さんから、40組近く参加をしていました。

 

 

空海まつり[ 総本山善通寺( 2018/11/03(土) )]
空海まつり[ 総本山善通寺( 2018/11/03(土) )]

五条獅子組さん

空海まつり[ 砂古神社( 2018/11/03(土) )]
空海まつり[ 砂古神社( 2018/11/03(土) )]

砂古獅子組さんは、空海まつり後に地元の神社に帰って獅子舞をします。

 

11月頃に入ると、地域の文化祭が各地で開催されます。
以前、まんのう町の秋祭りへ訪れた時に、地元の方から教えて頂いた文化祭へ行ってきました

 

長炭地区文化祭 [ 長炭公民館(2018/11/18(日))]
長炭地区文化祭 [ 長炭公民館(2018/11/18(日))]

 

三島神社から、長明組さん、文明組さん。
鳩峰八幡神社から、常包若連中さん。

まんのう町の3組の獅子組さんの獅子舞を見ることができました

 

そして、11月の3連休はイベント続きの連休でした

写真展でお世話になった綾川町立生涯学習センターでは、「獅子舞ミニフェスタ」というイベントが開催されました

以前に、同施設で綾川町に伝わる五段と呼ばれる獅子舞の流儀についての講演会が開催されました。
今回は、その実演です。

 

第2回獅子舞ミニフェスタ [ 綾川町立生涯学習センター( 2018/11/23(金) )]
第2回獅子舞ミニフェスタ [ 綾川町立生涯学習センター( 2018/11/23(金) )]
第2回獅子舞ミニフェスタ [ 綾川町立生涯学習センター( 2018/11/23(金) )]
第2回獅子舞ミニフェスタ [ 綾川町立生涯学習センター( 2018/11/23(金) )]
 

綾川町畑田八幡宮から、茶円原獅子組さん。
高松市香川町から、臼井獅子組さん。

2組の獅子組さんが、立ち五段、ねぜり五段と呼ばれる五段の獅子舞を披露しました

同じ頃、琴平町にある金陵の郷では、「金陵初しぼり」というイベントが開催されていました

地元、葛原から西獅子組さんが参加をしているということで、「獅子舞ミニフェスタ」の終了後、急いで琴平町へ

 

祝宴 第18回「金陵初しぼり」[ 金陵の郷( 2018/11/23(金) )]
祝宴 第18回「金陵初しぼり」[ 金陵の郷( 2018/11/23(金) )]
祝宴 第18回「金陵初しぼり」[ 金陵の郷( 2018/11/23(金) )]
祝宴 第18回「金陵初しぼり」[ 金陵の郷( 2018/11/23(金) )]
 

なんとか、最後の獅子舞に間に合うことができました
西獅子組さん、獅子舞お疲れ様でした

 

最後に、夜の琴平で伝統文化や芸能を体験する「こんぴら詣で」というイベントが、全6日間の日程で開催されていました。

その最終日11月24日に、善通寺市の皇子獅子組さんが参加をするという情報が入ったので、獅子舞を披露をする琴平町公会堂まで行ってきました

今年は、秋祭りでも撮影でご協力頂けたりとお世話になった獅子組さんです。
その節は、ありがとうございました

 

ことひら詣で [ 琴平町公会堂( 2018/11/24/(土) )]
ことひら詣で [ 琴平町公会堂( 2018/11/24/(土) )]

 

獅子舞を披露した琴平町公会堂は、歴史を感じる建物で、獅子舞をする場所としてはとても雰囲気のあるところでした

 

 

夜の獅子舞というのも、なかなか乙な物
といっても、この日はとても冷える夜でしたので、寒さとの葛藤ではありましたが(笑)

それでも、見に行ったかいはあったと思います

 

香川県の秋祭りは、11月の初頭でほぼ終わりますが、地域の文化祭、イベントなどでその年の最後の獅子舞を見ることができます

その地域にとって大切にされている獅子舞が、同じ地区にあるというお互いの認識と、獅子とは関わりのない人達にも身近に感じる機会になっているかもしれません

文化祭で獅子舞が出ている地域はまだあるようなので、またいつか詳細な情報が入れば見に行きたいと思っています

葛原の豊原地区でも、豊原地区文化祭は開催されていますが獅子舞のイベントはありません。

仮に豊原地区の全ての獅子組が揃う文化祭ということにでもなったら、なかなかに興味深い文化祭になるだろうなと思います

全組を呼ぶというのも難しいことではあるので、あくまで妄想の中での感想になりますが(笑)

ちなみに、豊原地区だと獅子組は8組になります

 

管理人の今年の獅子舞巡りも、来月12月に善通寺市の筆岡地区で開催される「筆岡公民館まつり」で最後となりそうです。

今年も、残り約一ヶ月
本当に1年は早いですね

皆さんの中での獅子舞は、どのような1年だったでしょうか?

 

 

葛原正八幡宮 秋季例大祭2018『本祭り』

 

秋祭り最終日の朝(葛原正八幡宮 2018)
秋祭り最終日の朝(葛原正八幡宮 2018)

 

秋祭り最終日の朝。
この日も天気が良く、雲一つない清々しい朝を迎えました

 

大木荒神宮(葛原正八幡宮 2018)
大木荒神宮(葛原正八幡宮 2018)
大木荒神宮(葛原正八幡宮 2018)
大木荒神宮(葛原正八幡宮 2018)

 

前日の土曜日の朝と同じように、大木地区の神社を回っていきます。
そしてそれが終われば、前日に回り切れていない残りの軒数の家々を回っていきます。

その頃、御神輿を迎えている統家(とうや)では、本祭りの行列の役が当たっている人達の受付が始まっていました。
※今年の統家の地区は大木

 

統家(葛原正八幡宮 2018)
統家(葛原正八幡宮 2018)
統家(葛原正八幡宮 2018)
統家(葛原正八幡宮 2018)
統家(葛原正八幡宮 2018)
統家(葛原正八幡宮 2018)
統家(葛原正八幡宮 2018)
統家(葛原正八幡宮 2018)

 

同じタイミングで、南獅子組さんが統家の家に獅子舞の奉納をしに来ました。

 

統家の祭壇(葛原正八幡宮 2018)
統家の祭壇(葛原正八幡宮 2018)
南獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 統家にて ])
南獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 統家にて ])

 

一方その頃、、、

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

大木獅子組は、午前中のうちに全てのことを済ませ、本祭り前の準備です

統家では、11時頃から御神輿が葛原正八幡宮へ向けて出発をします。

 

葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018

 

御神輿が葛原正八幡宮へ到着しました。

 

葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018

 

神社でも、本祭りへ向けて準備をしています。

 

南獅子組(葛原正八幡宮 2018)
南獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

昼前から、葛原4組の獅子組が神社へと集まってきました。

 

葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018
ダカ(葛原正八幡宮 2018)
ダカ(葛原正八幡宮 2018)

 

南獅子組さんのダカ達

管理人が小学生だった頃は、4組の獅子組には天狗、烏天狗のダカがそれぞれいました。
特に南獅子組さんは、沢山の子供が扮したダカ達がいた記憶があります
太鼓ぶちになる前の小さな頃は、追いかけられて怖い思いもしたような、、、(笑)

ですが、年々とその数も減っていき、数年前にはほとんど見なくなるという状況でしたが、ここ最近、南獅子組さんでは増えていき、祭りの雰囲気が変わりました

やはりダカがいるといないとでは、全然違いますね

 

神事(葛原正八幡宮 2018)
神事(葛原正八幡宮 2018)
神事(葛原正八幡宮 2018)
神事(葛原正八幡宮 2018)

 

4組の獅子組が集まった頃、神社の拝殿では神事が始まりました。

いよいよ、本祭りのスタートです

 

葛原4組による獅子舞奉納(葛原正八幡宮 2018)
葛原4組による獅子舞奉納(葛原正八幡宮 2018)

 

神事が終わると、4組による獅子舞の奉納が始まります。

 

南獅子組(葛原正八幡宮 2018)
南獅子組(葛原正八幡宮 2018)
北獅子組(葛原正八幡宮 2018)
北獅子組(葛原正八幡宮 2018)
西獅子組(葛原正八幡宮 2018)
西獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

2回目の獅子舞が終わると、御旅所へと向かいます。

 

御旅所への渡御(葛原正八幡宮 2018)
御旅所への渡御(葛原正八幡宮 2018)

 

葛原の行列は、獅子組が先頭に出発をします。

 

御神事行列(葛原正八幡宮 2018)
御神事行列(葛原正八幡宮 2018)
御神事行列(葛原正八幡宮 2018)
御神事行列(葛原正八幡宮 2018)
御神事行列(葛原正八幡宮 2018)
御神事行列(葛原正八幡宮 2018)
御神事行列(葛原正八幡宮 2018)
御神事行列(葛原正八幡宮 2018)

 

道中の4箇所で、2回ずつ獅子舞をして、御旅所まで少しずつ進んでいきます。
その道中では、それぞれの獅子組で笑顔を見ることができました

 

南獅子組(葛原正八幡宮 2018)
南獅子組(葛原正八幡宮 2018)
北獅子組(葛原正八幡宮 2018)
北獅子組(葛原正八幡宮 2018)
西獅子組(葛原正八幡宮 2018)
西獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

西獅子組さんが先に獅子舞が終わった後、道具を持ってきて一緒に盛り上げてくれます

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

御旅所までは、少し距離があるので道具を持って移動です

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

御旅所前では、中学生の女の子達が太鼓ぶちをしています

 

渡御の道中(葛原正八幡宮 2018)
渡御の道中(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

4人の女の子達は同世代で、小学生の頃は優秀な太鼓ぶちでした

 

御旅所(葛原正八幡宮 2018)
御旅所(葛原正八幡宮 2018)
御旅所(葛原正八幡宮 2018)
御旅所(葛原正八幡宮 2018)

 

そして、御旅所に到着。

 

南獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
南獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
北獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
北獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
西獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
西獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 御旅所 ])
 

葛原のお祭りを支えてくれている方々の笑顔も頂けました

 

葛原正八幡宮 2018
葛原正八幡宮 2018

 

いつも写真活動のご協力ありがとうございます

御旅所での奉納が終われば、行きと同じように獅子舞をしながら神社へと戻っていきます。

 

南獅子組(葛原正八幡宮 2018)
南獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

帰りの道中では、親子の競演を目にすることもあります

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

お父さん、いい笑顔です(笑)

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

日が暮れてきても、まだまだ元気です(笑)

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

そして、随身門前で記念にパシャリ

随身門前での獅子舞が終われば、神社へ御神輿が還ります。

 

神輿還御(葛原正八幡宮 2018)
神輿還御(葛原正八幡宮 2018)
神霊を還す神事(葛原正八幡宮 2018)
神霊を還す神事(葛原正八幡宮 2018)

 

神霊を還す神事が終われば、本祭り最後の獅子舞奉納です。

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018)

 

真っ暗の中、最後の力を振り絞って奉納をします

 

最後の一斉演舞(葛原正八幡宮 2018)
最後の一斉演舞(葛原正八幡宮 2018)

 

これにて、2018年の葛原正八幡宮の秋祭りは終わりました

秋祭りの3日間、ほぼ丸1日獅子舞をしていたので、普段以上に体力を使っているはずですが、終わってしまうといつも寂しく思ってしまいます

地元の神様へ、日頃の感謝を込めて行われる秋祭り

年に1度なので楽しみでもあり、終われば寂しい。
だから、いつまでも地元の秋祭りが好きでいれるのかもしれません

余談ですが、大木獅子組の最後は大木荒神宮で終わりました

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 大木荒神宮 ])
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 大木荒神宮 ])

 

ずっと動きっぱなしの子供達ですが、最後まで元気な姿には驚かされます

最後は、みんなで記念撮影

 

大木獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 大木荒神宮 ])
大木獅子組(葛原正八幡宮 2018 [ 大木荒神宮 ])

 

2018年の葛原正八幡宮の例大祭、お疲れさまでした

 

【 香川県の獅子舞メモ 】
・渡御行列の並び順は、鼻高(猿田彦)を先頭に神輿から出発する地域もあれば、葛原のように獅子が先頭に出発する地域もある。その祭礼によって様々。
・天狗、烏天狗のダカ文化。主に多度津町、善通寺市とその周辺地域に見られる文化。
・天狗、烏天狗を総称してダカと呼ばれていたり、天狗はそのままの天狗、烏天狗のみダカと呼ばれていたりと地域によって呼び名の違いがある。
・天狗の数が決まっていたり、烏天狗がいない地域もあったりと、地域によってその数の決まり事があったりもする。