平成最後の春祭り

 

荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]
荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]



昨年に初めて訪れた、三豊市三野町に鎮座している荒魂神社。


春祭りで獅子舞があると知って訪れた場所ですが、獅子舞だけでなく御神楽もしていたということを後日知って、来年は、御神楽も見ないと


と、翌年の目標となりました

そして、平成最後の春祭り

今年は、獅子舞から御神楽までを見る為に、1年ぶりに荒魂神社へ訪れました。

神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
神事 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

昨年と同様に拝殿では、神事が執り行われています。

荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

そして、荒魂神社若獅子連さんによる獅子舞奉納が始まります。


この日はとても天気に恵まれ、境内にある桜も満開でした

荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
荒魂神社獅子若連 [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

合間にはこのような光景も見られ、やっぱり地域のお祭りはいいなと思わずほっこり

午前の神事が終わると、昼過ぎから御神楽が始まります。

御神楽が始まるまで、少し時間ができたので、善通寺市木徳町の新羅神社で行われている春祭りにも行ってきました

新羅神社では、前日の夜に御神楽、昼から獅子舞の奉納をしています。

新羅神社 春祭り [ 2019/04/07(日) ]
新羅神社 春祭り [ 2019/04/07(日) ]

新羅神社の各獅子組の獅子舞は、全て毛獅子。

重量感のある毛獅子の舞は、個人的に好きなので合間に見に行けたのはよかったです

そして、新羅神社での獅子舞奉納を見終わった後、急いで荒魂神社へ

神社の階段を上っていくと、午前中にはなかったものが、、、、

荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]
荒魂神社春祭り[ 2019/04/07(日) ]

鳥居の奥に、茅の輪が

6月末頃に、地域の神社で行われている「夏越の祓」で良く見られる茅の輪がなぜ春祭りに?

不思議に思っていると、既に御神楽が始まっていたので、その疑問は頭の片隅に置いて御神楽に集中しました

島の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
島の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

これまでにも、いろんな地域で御神楽を見に行きましたが、女性ばかりの御神楽は初めてでした。

男性とはまた違う舞の表現の仕方に、思わず見入ります。

猩々の舞では、猩々が見に来てる人を楽しませてくれます。

猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

 

管理人も、猩々に絡まれました(笑)

猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]
猩々の舞(御神楽) [ 荒魂神社(2019/04/07) ]

そして、地元の方々も猩々から御神酒をもらいます。

お酒を飲んで酔った猩々。

それを見て笑顔になる人、御神酒をもらい猩々の絡みや動きに思わず笑い声も起きます

それらの雰囲気に、御神楽も地元の人達を幸せにする力があるのかなと、見ていてふと思いました。

そして、最後の鉾の舞が終わったあと、今回の御神楽で始めて見るものもあったので、宮司さんに質問をしにいきました。

荒魂神社の春祭りは、末社も含めた5社の春祭りだそうです。

遥か昔、地域に疫病が流行った経緯から始まったお祭りです。

一度途絶えてたそうですが、また疫病が流行ってしまったということから、再び奉納をするようになり、今に続いています。

元々は、夏にお祭りをしていたそうですが、地域住民の高齢化等の諸事情により春に変わったそうです。

ここでピンと来たのが、頭の片隅に置いておいた疑問です。

境内に茅の輪がなぜあったのか。

夏にしていたお祭りというのは、「夏越の祓」だったのではないか。

だから春に変わったことで、春祭りに茅の輪を見ることができたのではないか。

頭の片隅に置いておいた疑問が、一気に解決した気がしました。

今回、最後に宮司さんや地元の方に歴史を聞けたことは大変為になりました。

やはり地域の神社で行われているお祭りは、何かしらの意味や歴史があり、今も続けられているということ。

それをあらためて感じたお祭りだったと思います

 

 

【 香川県の獅子舞メモ 】
・西讃では、獅子舞の鳴り物に鉦を使用している地域が、中讃や東讃に比べると少ない。鉦がない地域では、陣太鼓(地太鼓)の数が多かったり、摺鉦を使用している地域がある。

出雲祭り(多度津町山階)

 

7月8日(日)多度津町山階の高木宮で行われた「出雲祭り」へ行ってきました。

「出雲祭り」では、獅子舞と御神楽の奉納をします。

獅子舞は、その年の山階の秋祭りで大統に当たる獅子組さんが、獅子舞を奉納をするそうです。

今年、獅子舞の奉納をしていたのは、西村・岡獅子組さん。

 

西村・岡獅子組(多度津町山階)
西村・岡獅子組(多度津町山階)

 

 

奉納は、神楽台の前で2回、拝殿前で1回、荒神祠の前で1回の計4回の奉納でした。

 

西村・岡獅子組(多度津町山階)
西村・岡獅子組(多度津町山階)

 

 

大統に当たるのは6年に1度だそうです。
「出雲祭り」で奉納が終われば、その次に奉納できるのは6年先

今ここにいる子供達も、次の大統に当たる年にはずいぶんと大きくなってるんだろうなと、地元民ではないですけど、6年に1度というお話を聞いて、ちょっとしみじみとしちゃいました(笑)

そして、獅子舞の奉納が終わり、御神楽が始まります。

御神楽は、中讃地域の多くの神社で見ることのできる神事の1つです。

山階での御神楽を見るのは初めてでしたので、どんな御神楽を見れるのだろうと楽しみにしていました

 

御神楽 (高木宮 [ 多度津町山階 ])
御神楽 (高木宮 [ 多度津町山階 ])
 

 

家内安全、五穀豊穣を願い舞います。

 

御神楽 (高木宮 [ 多度津町山階 ])
御神楽 (高木宮 [ 多度津町山階 ])
御神楽 (高木宮 [ 多度津町山階 ])
御神楽 (高木宮 [ 多度津町山階 ])
 

 

青空の下で、獅子舞の奉納から始まったお祭りでしたが、御神楽が終わる頃には既に真っ暗。

夕暮れから夜へと色合いが変わるのを楽しみながら、進行していく神事を見るのが大好きな管理人です(笑)

毎回思うことなのですが、御神楽を見ていると、昔から地元の人に大切にされていた神社なんだろうなと感じさせてくれます

やはり地域に根付いたお祭りはいいものですね

 

 

御神楽と獅子舞と神事

 

7月15日(日)善通寺市善通寺町の砂古荒魂神社で夏祭りがありました

地元の獅子組の方達などで、焼きそばや焼き鳥などの販売をしていたり(かなり安い!)、かき氷を無料で配っていたりと地元の方達で賑わっていました

祭りは、獅子舞の奉納から始まりました。

 

夏祭り [ 砂古荒魂神社 ] (2018.07.15 Sat)
夏祭り [ 砂古荒魂神社 ] (2018.07.15)
 

 

今年は、砂古獅子組さんが頭家に当たる年で、丸山八幡宮の角獅子を振る役割も担います。
ずいぶんと前から練習もしていたそうで、やはり見ているだけでも獅子を振る時の気迫が伝わってきます

 

砂古獅子組 [ 夏祭り ] (2018.07.15 Sat)
砂古獅子組 [ 夏祭り ] (2018.07.15)
 

 

気持ちの入った獅子を見ていると、見ている側もいい刺激を受けます。
大木獅子組の獅子舞も、もっと気持ちの入った獅子で表現したいという思いが強くなりました(笑)

そして、獅子舞が終わると御神楽が始まります。

 

夏祭り [ 砂古荒魂神社 ] (2018.07.15 Sat)
夏祭り [ 砂古荒魂神社 ] (2018.07.15)
 

 

砂古荒魂神社の夏祭りには、ほぼ毎年のように行っているのですが、今年はいつもよりもギャラリーが多かったような気がします。

ちらっと聞いたのですが、配っていたかき氷は完売
かき氷が完売したのは初めてだったそうです。

周りの地元の方も、今年は多いと言っていたので、徐々にですがお祭りに来てくれる人も増えてきているのだと思います。

 

夏祭り [ 砂古荒魂神社 ] (2018.07.15 Sat)
夏祭り [ 砂古荒魂神社 ] (2018.07.15)
 

 

御神楽を見ている人もいれば、世間話をしている人もいたり、その周りでは子供達が遊んでいたり、、、
他の地域の御神楽を見に行くと、昔は地元の方も沢山集まって賑わっていたと聞くことがあるのですが、おそらくこのような感じだったのかなと思いながら、管理人もその雰囲気を楽しんでいました

 

御神楽は、家内安全や五穀豊穣を願い舞う神事です。

香川県では、中・西讃地域で盛んに行われ、神職の方達が代々受け継いで舞を奉納しています。

御神楽の撮影をしにいろんな地域へ行っていますが、昔は人が沢山集まっていたが、今は人が少なくなったと聞くこともありましたので、今回行った砂古荒魂神社の賑わいはとても素晴らしいことだと思います。

私達の獅子舞も、秋祭りの神事として奉納をしていますが、どうしても楽しみな秋祭りに気を取られますので、神社で行われている他の行事があることを知らなかったりもします。

管理人自身もその一人でした

葛原正八幡宮でも、6月、12月以外の月は何かしらの行事が毎月行われています。

御神楽もその1つであり、私達が奉納をしている秋祭りも獅子舞もその1つです。

季節ごとに神事があるのも、何かしらの意味があって、秋に盛大に行われる秋祭りへと繋がっていきます。

葛原正八幡宮も、今週末の7月21日(土)に御神楽があります。

 

御神楽
御神楽

 

 

人も集まってきますが、砂古荒魂神社の夏祭りのような賑やかさまでではありませんので、もっと地元の方が集まる場になればいいのになと思ったりもしている管理人です。

焼き鳥を売ってたりもするので、焼き鳥を食べながら見るのが楽しみではあるのですが(笑)

今年は予定があるので、間に合えば行きたいと思っています。

葛原も、同じように少しずつ人が集まってくるようになれば嬉しいのですが