塗り獅子(唐獅子)と猫獅子(毛獅子) -香川県の獅子舞 –

 

大木獅子組[獅子頭(修理後)]
大木獅子組[獅子頭(修理後)]

 

香川県の獅子舞は、張り子の獅子頭が広く使われていますが、主に塗り獅子と猫獅子の2種類になります。

では、香川県ではどちらが多く使用されているのでしょうか?

 

獅子舞[ 香川県高松市 ]
獅子舞[ 香川県高松市 ]

 

周辺地域も含め、ほぼ猫獅子ばかりという地域もあります。
そのような地域では、地元以外でも、近辺の祭りでは猫獅子が多く使われているので、稀に見かける塗り獅子を見れば、ここは珍しい獅子組だと思うかもしれません。

 

本浦若連中 [ 坂出市瀬居町 ]
本浦若連中 [ 坂出市瀬居町 ]

 

それとは逆に、ほぼ塗り獅子ばかりという地域もあります。
そこの地域でも、周辺地域は塗り獅子ばかりなので、近辺で猫獅子を見ればここは珍しい獅子組だと思うかもしれません。

 

このように、地元以外の周辺地域でも、使用されている獅子頭は同じなので、それが当たり前で、あまり見かけないものは珍しいと映ります。

 

では、思い切って香川県全体で見てみるとどうでしょうか?

東讃は、猫獅子が多く使用されていますが、中讃に近づくほど、塗り獅子を見かけるようになっていきます。

中讃は、塗り獅子が多く使用されていますが、西讃に近づくほど猫獅子もチラホラと見かけるようになります。

西讃は、瀬戸内海沿岸沿いの地域は猫獅子を見かけますが、内陸の方では猫獅子もあれば、塗り獅子も使用されています。

地域で偏りはでますが、香川県全体で見ると、その数は塗り獅子も、猫獅子もそう大差なく使用されています。

ですので、どちらかが圧倒的に多く使用されているということはありません。

 

青木北山獅子組 [ 多度津町 ]
青木北山獅子組 [ 多度津町 ]

塗り獅子も、

 

村遣い2016
村遣い2016

 

猫獅子も、

どちらも香川県で多く使用されている、代表的な2種類の獅子頭だといえます(^-^)

 

ちなみに大木獅子組の場合は、夫婦獅子ということで雄が猫獅子、雌が塗り獅子と決まっています。
ですので、大木では猫獅子を見ると雄、塗り獅子を見ると雌という認識で小さな頃から慣れ親しんでいたので、他の地域で猫獅子を見ると、「あれは雄だ」とか、塗り獅子を見れば「あれは雌」だと言っていました(笑)

雄、雌というのは地域によって、あったりなかったりもしますし、西讃の一部地域では、茶色の猫は雌、黒は雄という使い分けもしていますので、地域によって様々というのは後になって知ったお話ではあります。

ただ、葛原は中讃地域にありますが、地元では両方ともあった獅子頭ですので、自然とどちらも好きになれたのは、偶然にしろよかったのかなと思います。

なぜよかったと感じるかというと、各地域を回っていると猫獅子も、塗り獅子も両方とも好きなので、どこへ行ってもテンションをあげて見れるからですが(笑)

まあ、ただのアホですね(笑)

 

最後に、西から東へと各地域を巡って、現地で見て肌で感じて思ったことですが、若干、塗り獅子の方が、香川県では多く使用されているのではないかという管理人の見解です。

もちろん管理人の勝手な見解ですので、なんの根拠もありません。
まだまだ行けていない地域もありますので、またこの考えも変わるかもしれませんが、とりあえず現在感じた感想ということで(^ ^)

 

世代を超えて、思いを共有する

 

当ブログに、たまに書かせてもらうことがある善通寺市の獅子頭職人 松下のおっちゃん。

その松下のおっちゃんが手掛けた獅子頭は、20年、30年経っていても、まだまだ現役で使えるほど頑丈な獅子頭です。

ただ頑丈だといっても、月日が経ってば年季も入ってきます。
そのような年季の入った獅子頭も、職人さんの手によってかかれば、また新たな輝きを放ちます。

 

砂古獅子組(善通寺市)
砂古獅子組(善通寺市)

 

生まれ変わった獅子頭を初めて振る時は、とても緊張もしますし、気合いも入ります。

その獅子頭が新調されて、初めて獅子組の元に訪れた時も、同じように綺麗な輝きを放ってたのかもしれません。

その当時の世代の方々も、新調された獅子を初めて振る時は、とても緊張したのではないでしょうか。

獅子頭が生まれ変わることで、世代を超えて同じ思いを共有できるというのも、なんだか凄いお話だなと思います(*^-^*)

 

※写真は、善通寺市の砂古獅子組さんの獅子舞です。昨年、長く使われていた獅子頭を綺麗にされたそうす。

古き獅子頭

 

香川県の獅子頭で多く見かけるのは、三豊市の「丸岡」さん、善通寺市の「松下」さん、高松市の「宮武」さんの工房で制作された獅子頭です。

善通寺市の松下のおっちゃんから、よく若い頃のお話を聞くことがあるのですが、そのお話を聞いていると、昭和時代にそれぞれの職人さん達が活躍したことで、3つの代表的な屋号を持つ獅子頭ができていったのかなと感じます。

 

獅子舞 [ 香川県仲多度郡まんのう町 ]
獅子舞 [ 香川県仲多度郡まんのう町 ]

 

ただその中でも、どこの獅子頭か判別がつかない獅子頭と出会うことが、稀にあります。
それらの獅子頭は、見ただけでも古そうな獅子頭。

丸岡さん、松下さん、宮武さんの獅子頭の型に当てはまらない獅子頭もあれば、どことなく宮武さんかな?と、似ているような獅子頭もあります。

これまでの活動で耳に入ってきたのが、丸亀市と高松市春日町伏見にいたといわれる職人さんです。

いたということだけで、詳細までは情報が入ってこない謎多き職人さん達。
情報があまりないということは、相当古い職人さん達だったのかと思われます。

前回のブログ記事でも紹介をした、顔の長い獅子頭を持つ、

 

葛原正八幡宮 北獅子組
葛原正八幡宮 北獅子組

地元葛原の北獅子組さん、

 

葛原正八幡宮 南獅子組
葛原正八幡宮 南獅子組

ボロボロでしたが蔵から出てきた南獅子組さん、

 

十五町獅子組 [ 善通寺市 ]
十五町獅子組 [ 善通寺市 ]
元の獅子頭を参考に、新調された善通寺市十五町獅子組さん、

 

共に出所が不明の獅子頭ですが、若干の違いはありつつも顔つきが同じで、こうも近い地域で残っているということは、昔にいた同じ職人さんが手掛けたのではないかと想像ができます。

だとすると、共に隣りの地域に当たる丸亀市の職人さん?

と思ったりもするのですが、確証がない為、そうだったのかなぁ??と考えることしかできません(^^;)

 

逆に、少しはっきりとしている情報があるのは、高松市春日町伏見にいたといわれる職人さんです。

話を聞く限りでは、高松市春日町伏見の工房から派生したのが、高松市の宮武さんだそうです。

以前に、職人さんの工房で見かけたとある古い獅子頭。

あまり見ない型だなと思いつつも、その形状から宮武さんかな?と思っていたのですが、職人さんに聞くと伏見で作られた獅子頭という返答でした。

まさかこんなところで、伏見で作られた獅子頭と出会うなんて!と驚いていると、

 

亀田獅子連[ 高松市 ]
亀田獅子連[ 高松市 ]

 

獅子頭の内側に実際に、伏見と記述されていました。

この獅子頭は、高松市十河地区の亀田獅子連さんが所有されている獅子頭です。

見た感じはとても古い獅子頭。

修理されるということだそうなので、どのように綺麗になるのか気になるところです(#^^#)

しかし、当初は宮武さんかなと勘違いしたのも、宮武さんが伏見から学んだと考えると、似ているというのも納得できるお話です。

 

数は少ないながらも、こうして現在も使われ残っている姿を見ると、当時はどのような獅子頭が出回っていたのでしょうか。

それらの獅子頭は、もしかしたら練習用に使われていたり、南獅子組さんのところのように、どこかの蔵や倉庫に眠っている可能性も考えられます。

いつか出会うことがあればいいなと期待を膨らませ、また新しい獅子頭との出会いや祭りを求めて、2018年も各地域を回りたいと思います(*^-^*)